ダーイシュはシャーム解放機構などからなる反体制武装集団の反転攻勢に乗じて、アブー・ズフール航空基地南部に位置するシリア政府支配下のスィンジャール町を奪取((2018年1月17日)

イドリブ県では、ANHA(1月17日付)によると、シリア軍とシャーム解放機構などからなる反体制武装集団が同県南東部、ハマー県北東部、アレッポ県南西部で一進一退の攻防を続けるなか、ハマー県北東部の孤立地帯で活動を続けるダーイシュ(イスラーム国)がイドリブ県に北進し、シャーム解放機構の一大拠点アブー・ズフール航空基地南部のスィンジャール町をシリア軍から奪取し、制圧した。

一方、SANA(1月17日付)は、イドリブ県南東部、ハマー県北東部、アレッポ県南西部で、シリア軍が、予備部隊とともに、シャーム解放機構などからなる反体制武装集団に対する掃討作戦を強化し、過去数週間で、3県の県境一帯に位置数150カ村以上、1,000平方キロメートル以上を制圧、浄化したと伝えた。

AFP, January 17, 2018、ANHA, January 17, 2018、AP, January 17, 2018、al-Durar al-Shamiya, January 17, 2018、al-Hayat, January 18, 2018、Reuters, January 17, 2018、SANA, January 17, 2018、UPI, January 17, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク