ロジャヴァはアレッポ市内の支配地域をシリア政府に移譲、YPGに代わってシリア軍が同地に展開(2018年2月22日)

アレッポ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(2月22日付)によると、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)は、アレッポ市内の支配地域複数カ所をシリア政府に移譲した。

移譲は、シリア政府による「人民部隊」のアレッポ県アフリーン郡に次ぐ動きで、ロイター(2月22日付)によると、シリア軍はYPGが展開していたハラク地区、バニー・ザイド地区、ブスターン・バーシャー地区に進駐したという。

また、シリア人権監視団によると、シリア軍はアレッポ市内のロジャヴァの最大拠点であるシャイフ・マクスード地区にも展開したほか、ブスターン・バーシャー地区、インザーラート地区、ハイダリーヤ地区、シュカイイフ地区、サカン・シャバービー地区にも入った。

syria.liveuamap.com, February 22, 2018

syria.liveuamap.com, February 22, 2018

AFP, February 22, 2018、ANHA, February 22, 2018、AP, February 22, 2018、al-Durar al-Shamiya, February 22, 2018、al-Hayat, February 23, 2018、Reuters, February 22, 2018、SANA, February 22, 2018、UPI, February 22, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き パーマリンク