SANAはシリア軍が東グータ地方のシャイフーニーヤ村で有毒化学物質実験製造施設を発見したと伝える(2018年3月13日)

SANA(3月13日付)は、シリア軍が3月初めに制圧したダマスカス郊外県東グータ地方のシャイフーニーヤ村で化学物質や有毒物質を製造するための実験製造施設を発見し、サウジアラビア製の機器や西側諸国産の物質を押収したと伝え、その写真を公開した。

シリア軍はまた、11日に制圧したイフタリース村で迫撃砲弾製造工場も合わせて発見したという。

SANA, March 13, 2018

SANA, March 13, 2018

SANA, March 13, 2018

AFP, March 13, 2018、ANHA, March 13, 2018、AP, March 13, 2018、al-Durar al-Shamiya, March 13, 2018、al-Hayat, March 14, 2018、Reuters, March 13, 2018、SANA, March 13, 2018、UPI, March 13, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き パーマリンク