トルコ軍はシリア領内の監視所設置を完了、ロシア・シリア両軍はイドリブ県への爆撃を停止(2018年5月21日)

イドリブ県では、『ハヤート』(5月22日付)によると、アスタナ9会議を受けるかたちで、トルコ軍の車列がシリア領内に進入、トルコ軍監視所が設置されている県南部に向かった。

トルコ軍はシリア領内に監視所12カ所の設置を完了したばかり。

監視所が設置されているのは、イドリブ県のイシュタブリク山、スルマーン村、タッル・トゥーカーン村、アレッポ県アレッポ市ラーシディーン地区、サルワ村、スィムアーン山、アキール山、アンダーン山、アイス村、ハマー県ムーリク市、ザイトゥーナ村、シヤール・マガール地区。

ドゥラル・シャーミーヤ(5月21日付)によると、トルコ軍による12番目の監視所設置に合わせて、ロシア軍によるイドリブ県への空爆は停止しており、19日以降、3日間にわたりロシア・シリア両軍の爆撃は行われてないという。

syria.liveuamap.com, May 21, 2018

ISW News, May 31, 2018

AFP, May 21, 2018、ANHA, May 21, 2018、AP, May 21, 2018、al-Durar al-Shamiya, May 21, 2018、al-Hayat, May 22, 2018、Reuters, May 21, 2018、SANA, May 21, 2018、UPI, May 21, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク