英国はシリアの反体制派への資金援助を停止(2018年8月20日)

テリーザ・メイ英内閣の報道官は、インターネットを通じて声明を出し、シリアの反体制派への資金援助を停止したことを明らかにした。

声明のなかで、報道官はこの措置が、「一部地域の現地情勢が困難なものとなったことを受け、我々が人道支援以外の支援プログラムを支援するのがこれまで以上に制限されることになった」ものとしたうえで、「しかし、我々はこの国(シリア)の治安と安定の改善のため、そして火急に支援を必要とする人々のための重要な支援は継続する」と付言した。

英国が中止した支援対象は明確ではないが、『タイムズ』紙は自由警察への支援を中止し、地元評議会への資金援助を2017/2018年会計年度をもって見直すと伝えていた。

なお、英国は2017/2018年会計年度に、シリアの人道支援プロジェクトに1億5200万ポンドを支出している。

ロイター(8月20日付)が伝えた。

AFP, August 20, 2018、ANHA, August 20, 2018、AP, August 20, 2018、al-Durar al-Shamiya, August 20, 2018、al-Hayat, August 21, 2018、Reuters, August 20, 2018、SANA, August 20, 2018、UPI, August 20, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク