120台からなる米軍の車列がハサカ県、ラッカ県の展開地域からイラク国境に向かう(2019年2月20日)

スプートニク・ニュース(2月21日付)は、シリアに駐留していた米軍の戦車、装甲車、ハンヴィー(HMMWV)、四輪駆動車、対空兵器や移動式住宅を積んだ車輌約120台からなる車列が20日晩、ハサカ県とラッカ県内の展開地域からハサカ県のアームーダー市を経由して、イラク国境に向かったと伝えた。

この車列に合わせて、米主導の有志連合は同地上空に航空機を旋回させるとともに、街道の電気を遮断したという。

スプートニク・ニュースによると、米軍はこうした撤退行動を繰り返しており、19日にもラッカ県タブカ市上空を米軍ヘリコプターが重点的に旋回し、同地一帯からの撤退の支援を行ったほか、2月10日にも、タブカ市の本営から米軍の車輌約30輌が撤退したという。という。

AFP, February 21, 2019、ANHA, February 21, 2019、AP, February 21, 2019、al-Durar al-Shamiya, February 21, 2019、al-Hayat, February 22, 2019、Reuters, February 21, 2019、SANA, February 21, 2019、Sputnik News, February 21, 2019、UPI, February 21, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク