ガーニム石油鉱物資源大臣「紛争による石油部門の損失は472億米ドル」(2019年4月11日)

アリー・ガーニム石油鉱物資源大臣は、シリアでの紛争によって過去数年間に生じた石油部門の損失額が472億米ドルに達していることを明らかにした。

ガーニム大臣によると、現在シリアでは1日10万から13万6000バレルの原油を精製する必要があるが、その一部を輸入に頼らざるを得ない状況が続いており、そのために1日880万米ドルの費用が拠出されているという。

なお、内戦前のシリアでの石油生産量は1日40万バレルで、うち25万バレルが国内で消費されていたが、現在は、1万4000バレルが生産されているのみだという。

ドゥラル・シャーミーヤ(4月11日付)が伝えた。

AFP, April 11, 2019、ANHA, April 11, 2019、AP, April 11, 2019、al-Durar al-Shamiya, April 11, 2019、al-Hayat, April 11, 2019、Reuters, April 11, 2019、SANA, April 11, 2019、UPI, April 11, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き パーマリンク