ハサカ県タッル・タムル町近郊でシリア軍がトルコ軍・国民軍と交戦、ラアス・アイン市近郊でもYPG主体のシリア民主軍とトルコ軍・国民軍が交戦(2019年10月24日)

ハサカ県では、SANA(10月24日付)によると、ロシア仲介による人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍との合意に基づき、シリア軍部隊が展開していたタッル・タムル町近郊のクーズリーヤ村、タッル・ラバン村を、トルコ軍とその支援を受ける国民軍が襲撃、シリア軍がこれに応戦した。

また、トルコ軍と国民軍は、ラアス・アイン市近郊のアサディーヤ村、タッル・ズィヤーブ村、サフフ村、ジャヒーマ村を攻撃、シリア民主軍がこれに応戦した。

ザマーン・ワスル(10月24日付)によると、国民軍はシリア民主軍との戦闘の末、マナージール村などを制圧した。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、トルコの占領下にある県北部のアズィーズィーヤ村でムウタスィム旅団の司令官の車に仕掛けられていた爆弾が爆発し、司令官を含む複数人が負傷した。

一方、マルアナーズ村に展開する人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍は、トルコ占領下のアアザーズ市を砲撃した。

**

ラッカ県では、SANA(10月24日付)、ドゥラル・シャーミーヤ(10月24日付)によると、トルコの占領下に入ったタッル・アブヤド市の旧文化センター近くで車に仕掛けられていた爆弾が爆発し、住民4人が負傷した。

AFP, October 24, 2019、ANHA, October 24, 2019、AP, October 24, 2019、al-Durar al-Shamiya, October 24, 2019、Reuters, October 24, 2019、SANA, October 24, 2019、SOHR, October 24, 2019、UPI, October 24, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク