ハサカ県各所で米国とトルコの占領、シーザー法、電気・水不足に抗議するデモ(2020年6月30日)

ハサカ県では、SANA(6月30日付)によると、カーミシュリー市近郊のハームー村で、米国とトルコの占領、米国のシーザー・シリア市民保護法に抗議するデモが行われ、住民が参加した。

**

ハサカ県では、シリア人権監視団によると、北・東シリア自治局とシリア政府の共同統治下のタッル・ハミース市、アームーダー市で、電気や水の不足に伴う生活難に抗議するデモが行われた。

AFP, June 30, 2020、ANHA, June 30, 2020、AP, June 30, 2020、al-Durar al-Shamiya, June 30, 2020、Reuters, June 30, 2020、SANA, June 30, 2020、SOHR, June 30, 2020、UPI, June 30, 2020などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き パーマリンク