イスラエル軍がシリア領内を攻撃、防空部隊の倉庫、司令本部、地対空ミサイルの発射施設を破壊、兵士や「イランの民兵」9人死亡か(2020年11月18日)

SANA(11月18日付)は、イスラエル軍が午前3時11分、占領下のゴラン高原からシリア南部に対してミサイルを発射、シリア軍防空部隊が迎撃し、ミサイル多数を撃破したと伝えた。

**

イスラエル軍のアヴィハイ・アドライ報道官は、ツイッターのアカウント(https://twitter.com/avichayadraee)を通じて、イスラエル軍戦闘機複数機が、11月18日にシリア政府の実効支配地域とを隔てる境界線(B-Line)に近い占領下のゴラン高原南部で爆発物が仕掛けられたことへの報復として、爆撃を実施し、イラン・イスラーム革命防衛隊ゴドス軍団とシリア軍の標的複数カ所を破壊したと発表した。

アドライ報道官によると、この攻撃の標的となったのは、防空部隊の倉庫、司令本部、地対空ミサイルの発射施設。

攻撃の瞬間の映像、画像も合わせて公開された。

アドライ報道官はまた、18日に発見されたとされる爆発物の写真、敷設場所の地図も公開した。

**

フッラ・チャンネル(11月18日付)によると、攻撃はイスラエル軍戦闘機によるミサイル攻撃で、ダマスカス郊外県のダマスカス国際空港一帯、サイイダ・ザイナブ町一帯、キスワ市一帯のシリア軍防空部隊拠点、レバノンのヒズブッラーなど「イランの民兵」の拠点、武器弾薬庫などが狙われた。

これにより、シリア軍士官1人と防空部隊兵士2人、イラン・イスラーム革命防衛隊所属と思われるイラン人5人、レバノン人あるいはイラク人と思われる2人が死亡した。

また、標的となった施設のなかには、イランの高級レベルの高官や使節団を接待するための極秘拠点も含まれていたという。

AFP, November 18, 2020、ANHA, November 18, 2020、al-Durar al-Shamiya, November 18, 2020、Alhurra, November 18, 2020、Reuters, November 18, 2020、SANA, November 18, 2020、SOHR, November 18, 2020などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.