2014年4月29日のシリア情勢:国内の暴力

アンサール・ハック戦線司令官で「自由シリア軍」東部地域諜報課長のアブー・マアーッズ・アカイディー氏は、クッルナー・シュラカー(4月28日付)に対し、アサド政権とイラク・シャーム・イスラーム国(ダーイシュ)が、ラッカ県、ハサカ県、ダイル・ザウル県での「勢力画定」について合意したと主張した。

アカイディー氏によると、この合意は「アサド政権に属す一部クルド人政党」、「ハサカ市とカーミシュリー市のシャッビーハ指導者」、ダーイシュ指導部によって27日に交わされ、①ラッカ県、カーミシュリー市(ハサカ県)郊外、マルカダ町を除くハサカ市郊外からのダーイシュの撤退とダイル・ザウル県の放棄、②シリア政府からダーイシュへの10億ドルの支援金を支払い、を骨子とする、という。

アカイディー氏によると、シリア政府側の交渉団(「ハサカ市とカーミシュリー市のシャッビーハ指導者」)は、フサーム・スッカル大統領府安全問題担当官、空軍情報部ダイル・ザウル支部長、軍事情報局カーミシュリー支部長、ムハンマド・ファーリス氏、ハサン・ムスラト氏からなり、ダーイシュ側は、アブー・ウサーマ・イラーキー氏、アブー・ルクマーン氏が交渉にあたったという。

**

ヒムス県では、タラール・バラーズィー県知事がAFP(4月19日付)に、ヒムス市ザフラー地区(アラウィー派が多く暮らす地区)で反体制武装集団が爆弾を仕掛けた車を爆発させ、36人が死亡し、75人が負傷、またその直後に手製の迫撃砲が同地に着弾し、9人が死亡、10人が負傷したと述べた。

これに関して、シリア人権監視団は、2台の車に仕掛けられた爆弾が爆発、その後、迫撃砲着弾によると思われる爆発があり、女性、子供を含む40人が死亡、80人以上が負傷したと発表した。

一方、SANA(4月29日付)によると、ヒムス市ジャウラト・シヤーフ地区、バーブ・フード地区、カラービース地区、ハミーディーヤ地区、ダール・カビーラ村、アーミリーヤ村、サアン村、タドムル市・ヒムス市街道で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダマスカス県では、SANA(4月29日付)によると、シャーグール区のバドルッディーン・フスニーシャリーア学校複合施設に反体制武装集団が撃った迫撃砲弾が着弾し、14人が死亡、86人が負傷した。

これに関して、シリア人権監視団は、17人が死亡、50人が負傷したと発表した。

またSANAによると、アッバースィーイーン地区にも反体制武装集団が撃った迫撃砲弾が着弾し、8人が負傷した。

このほか、ジャウバル区で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、アドラー市内にある「パレスチナ・ムジャーヒディーン殉教者遺族学校」近くに迫撃砲弾が着弾し、パレスチナ人児童3人が死亡した。

またムライハ市およびその周辺で、軍、国防隊、ヒズブッラー戦闘員が、シャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団と交戦、軍が同地を地対地ミサイルなどで砲撃した。

さらに軍はザマルカー町、ドゥーマー市郊外を砲撃した。

一方、SANA(4月29日付)によると、ムライハ市郊外、アルバイン市、ザマルカー町、アーリヤ農場で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

クナイトラ県では、シリア人権監視団によると、軍がマスハラ村近郊のタッル・ブラークを制圧した。

一方、SANA(4月29日付)によると、サアサア町・シヒム村感の街道で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、軍がマーリア市、アターリブ市一帯、タッル・シャイール村、アレッポ市マルジャ地区を「樽爆弾」などで空爆する一方、シャイフ・ナッジャール市で、軍、国防隊、ヒズブッラー戦闘員がシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団と交戦した。

一方、SANA(4月29日付)によると、ダーラ・イッザ市、フライターン市、ハンダラート・キャンプ、ジュバイラ村、タッル・ジャビーン村、アナダーン市、アターリブ市、マンスーラ村、クワイリス村、ラスム・アッブード村、アアザーズ市、シャイフ・ナッジャール市工業団地地区、アレッポ中央刑務所周辺、マンスーラ村、ムスリミーヤ村、アレッポ市シャイフ・サイード地区、スッカリー地区、アーミリーヤ地区、ブスターン・カスル地区、ハナーヌー地区、サカン・シャバービー地区、ラーシディーン地区、旧市街、ライラムーン地区、ジュダイダ地区で、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダルアー県では、SANA(4月29日付)によると、サムリーン村西部、ハーッラ市東部、ダルアー市旧税関地区、ヨルダン通りなどで、軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

AFP, April 29, 2014、AP, April 29, 2014、ARA News, April 29, 2014、Champress, April 29, 2014、al-Hayat, April 30, 2014、Iraqinews.com, April 29, 2014、Kull-na Shuraka’, April 29, 2014、Naharnet, April 29, 2014、NNA, April 29, 2014、Reuters, April 29, 2014、SANA, April 29, 2014、UPI, April 29, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 国内の暴力 パーマリンク