日別アーカイブ: 2017年12月15日

駐ジュネーブ・ロシア国連大使「ジュネーブ8会議の失敗の責任は前提条件を設ける反体制派にある」(2017年12月15日)

アレクセイ・ニコラエヴィチ・ボロダフキン駐スイス(ジュネーブ)・ロシア国連大使は、ジュネーブで記者会見を開き、14日に閉幕したジュネーブ8会議に関して、反体制派の側に失敗の原因があると非難した。 ボロダフキン大使は「問題 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

紛争兵器研究所「ダーイシュの武器供給源はEU、米国、中国」(2017年12月15日)

英国を拠点に世界の武器の流れを調査しているNGO「紛争兵器研究所」(Conflict Armament Research)は「イスラーム国の兵器」(Weapons of the Islamic State)と題した報告書 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

シリア部族氏族最高評議会「米国はマンビジュ市から撤退するという約束を破り、住民を騙している」(2017年12月15日)

トルコ南部のガスィアンテプを拠点とするシリア部族氏族最高評議会のイブラーヒーム・ハーッジー氏は、「米国はマンビジュ市(アレッポ県)の住民を騙した。ダーイシュ(イスラーム国)の支配から同市を解放したら撤退すると約束したが、 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

ハマー県北東部でアル=カーイダ系のシャーム解放機構とダーイシュが交戦(2017年12月15日)

ハマー県では、ドゥラル・シャーミーヤ(12月15日付)によると、シャーム解放機構などからなる武装集団が、県北東部のラスム・ハンマーム丘一帯に進攻したダーイシュ(イスラーム国)を撃退した。 AFP, December 15 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア軍はアル=カーイダ系のシャーム解放機構などからなる武装集団の支配下にあるダマスカス郊外県南西部への攻勢を強める(2017年12月15日)

ダマスカス郊外県では、『ハヤート』(12月16日付)によると、親政権民兵組織の「クナイトラの鷹」が同じく親政権民兵組織の「ゴラン中隊」と合併し、新組織「祖国の盾」を結成、シリア軍とともにアル=カーイダ系組織のシャーム解放 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ジャルマーナー市(ダマスカス郊外県)でトランプ米大統領のエルサレム首都認定に抗議するデモ(2017年12月15日)

ダマスカス郊外県では、SANA(12月15日付)によると、ジャルマーナー市で、ドナルド・トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都として正式認定したことに抗議するデモが行われ、同市およびダマスカス県ドゥワイラア地区在 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは7件の停戦違反を、トルコ側は1件の違反を確認(2017年12月15日)

ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(12月15日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を7件(アレッポ県5件、ラタキア県1件、ヒムス県1件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも1件(ダマスカス県・ … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

米主導の有志連合は12月11~12月14日までの4日間でシリア領内で37回の爆撃を実施(2017年12月15日)

米中央軍(CENTCOM)は、12月11~14日の4日間でのシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 12月11日は、シリア、イラク領内のダーイシュ拠点などに対し7回の空爆を実施、このうちシリア領 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする