日別アーカイブ: 2019年5月11日

イドリブ県でアサド政権だけでなく、トルコを批判する抗議デモ(2019年5月11日)

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、シャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握するマアッラト・ヌウマーン市で、午後の礼拝後に抗議デモが行われ、参加者が「国民は体制打倒を望む」、「バッシャールを倒せ」といったシュプレヒコ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

ロシア軍がイドリブ県とハマー県を33回にわたり爆撃、シリア軍が「樽爆弾」69発を投下(2019年5月11日)

シリア人権監視団によると、ロシア軍戦闘機が33回にわたって、シャーム解放機構の支配下にあるイドリブ県、ハマー県に爆撃を行った。 爆撃の内訳は、イドリブ県のフバイト村およびその一帯が11回、カフルナブル市が3回、ファッティ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから328人、ヨルダンから705人の難民が帰国、避難民15人(うちルクバーン・キャンプからの帰還者0人)が帰宅(2019年5月11日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(5月11日付)を公開し、5月10日に難民1,033人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは328人(うち女性98人、子供167 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き, 難民・IDP | コメントする