日別アーカイブ: 2019年5月30日

治安当局がダマスカス郊外県の住民の苦情を受け、国防隊幹部3人を拘束(2019年5月30日)

ダマスカス郊外県では、サウト・アースィマ(5月30日付)は、治安機関がヤブルード市で国防隊幹部のサアド・ザクザク氏、バシール・クライキル氏、ウマル・サイイド氏を拘束した。 住民からの苦情を受けた措置だという。 AFP, … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

ダマスカス県バルザ区の引き渡しに協力した後に拘束されていた反対武装集団幹部3人が東グータ地方への燃料や食料品の密売で得た富を政府に譲渡し釈放される(2019年5月30日)

サウト・アースィマ(5月30日付)は、ダマスカス県バルザ区でシリア政府との和解に応じた後、拘束されていた反体制武装集団の元幹部3人が最近になって釈放されたと伝えた。 釈放されたのは、アブー・マフジューブ、アブー・フサード … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き | コメントする

トルコ軍はハマー県、アレッポ県、イドリブ県の反体制派支配地域に設置している監視所に増援部隊を派遣(2019年5月30日)

ドゥラル・シャーミーヤ(5月30日付)、ANHA(5月30日付)は、トルコ軍がイドリブ県カフルルースィーン村の国境通行所を通じて、シリア領内に戦車、装甲車など30輌からなる増援部隊を派遣、同部隊は緊張緩和地帯第1ゾーンと … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

イドリブ県などに対するシリア・ロシア軍の爆撃は若干減少するも、民間人6人、反体制派戦闘員16人が犠牲に(2019年5月30日)

シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握するイドリブ県、ハマー県北部、ラタキア県北部、アレッポ県西部の緊張緩和地帯では、シリア・ロシア軍が攻撃を激化させてから31日目となる5月30日も、シリ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから356人、ヨルダンから945人の難民が帰国、避難民210人(うちルクバーン・キャンプからの帰還者202人)が帰宅(2019年5月30日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(5月30日付)を公開し、5月29日に難民1,301人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは356人(うち女性107人、子供18 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き, 難民・IDP | コメントする