2013年4月9日のシリア情勢

反体制勢力の動き

二大河の国のアル=カーイダ機構などからなるイラク・イスラーム国を指導するアブー・バクリー・バグダーディーはビデオ声明で、イラク・イスラーム国とシャームの民のヌスラ戦線が「イラク・シャーム・イスラーム国」として統合すると発表した。

Kurdonline, April 9, 2013

Kurdonline, April 9, 2013

声明でバグダーディーは「シャームの民と世界に対して、ヌスラ戦線がイラク・イスラーム国の延長で、その一部にほかならないことを我々が宣言する時が来た」と述べた。

そのうえで「我々は、アッラーへの信仰のもと、イラク・イスラーム国の名を廃し、またヌスラ戦線の名を廃し、両者をイラク・シャーム・イスラーム国の名のもとに統合することを宣言する」と発表した。

http://www.meij.or.jp/members/kawaraban/20130409141616000000.pdf

**

シリア革命反体制勢力国民連立のマルワーン・ハッジューは、アナトリア通信(4月9日付)に対して、「アル=カーイダやシャームの民のヌスラ戦線が地域の安定を脅かすとの西側メディアの言説は、シリア革命に対する西側の弱腰を正当化する以外のなにものでもない」と述べた。

ハッジューによると、三つの組織がヌスラ戦線を名乗り、シリア国内で活動しており、第1の組織である「真のヌスラ戦線」は、自由シリア軍と連携し、シリア国民の支援を受けている、という。

のこる二つの組織のうち一つは、アサド政権が作った「偽の組織」、もう一つはイラクのヌーリー・マーリキー首相の組織で、いずれもシリア革命を貶め、政権の弾圧を正当化することを目的としているのだという。

**

自由シリア軍参謀委員会政治広報調整官のルワイユ・ミクダードはイスタンブールで声明を出し、イラク・シャーム・イスラーム国結成宣言に対して、シャームの民のヌスラ戦線と自由シリア軍は連携しないと拒否の姿勢を示すとともに、シリア国民に(イスラーム)国家を押しつけることはできないと非難した。

ミクダードは「ヌスラ戦線は自由シリア軍に属さない。司令部レベルで戦線と連携するとの決定はなされていない。現地では、一部の組織が一部の作戦で戦線と協力せざるを得ない状況がある」と述べた。

また「声明の信憑性は分からないが、この件に関して、司令部との調整はなかった。我々の目的は明確で…体制打倒と、民主国家に…いたることだ。ヌスラ戦線は…体制打倒のために活動しているが、我々とは異なる思想を持っている」と付言した。

そのうえで「我々を含む誰にもシリア国民にいかなる形態の国家も押しつける権限はない。シリア人は投票所に向かい、自らの指導者、国家の形態を決めるだろう」と強調した。

**

シリア人権監視団のラーミー・アブドゥッラフマーン代表は、ロイター通信(4月9日付)に対して、自由シリア軍シリア自由人大隊に属すバドル殉教者大隊などがアレッポ市で、市民を拘束、拷問、処刑する一方、避難民や地元住民が身の安全を確保するため彼らに金銭を支払うことを余儀なくされていると述べ、懸念を表明した。

**

シリア革命司令評議会を名乗る組織は、ムハンマド・サイード・ラマダーン・ブーティー師(3月21日死亡)が自爆テロで爆殺されたのではなく、頭を銃で撃たれて殺されたとする宣伝ビデオを公開した。

http://www.youtube.com/watch?v=w8W_5yBaLaA

**

自由シリア軍合同司令部中央広報局のファフド・ミスリーは声明を出し、シリア・ムスリム同胞団が自由シリア軍に対してカルダーハ市(ラタキア県)やアラウィー派に対する戦闘を行うよう圧力をかけ、宗派対立を助長しようとしていると暴露、批判した。

**

ラアス・アイン市の自治を運営するセレ・カニ「ラアス・アイン」市民地元評議会は声明を出し、自由シリア軍が3月の停戦合意を遵守せず、市内に兵力を展開し続けていると批判し、シリア革命反体制勢力国民連立とクルド最高委員会に対して、事態打開のために介入するよう求めた。

**

シリア革命反体制勢力国民連立のアフマド・マアーッズ・ハティーブ議長は、Facebook(4月9日付)で、イラク・シャーム・イスラーム国の結成宣言に関して、「アル=カーイダの思想は我々にふさわしくない。シリアの革命はこの点に関して明確な決定を行わねばならない」と綴り、シリア・ムスリム同胞団のムハンマド・リヤード・シャカフ最高監督者との意見の相違を鮮明にした。

国内の暴力

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、逮捕者が収容されているとされるアレッポ市北部のハンダラート・キャンプ近郊のキンディー大学病院に反体制武装集団が突入し、反体制武装集団の戦闘員10人以上、軍兵士25人以上が死亡した。

一方、SANA(4月9日付)によると、ラスム・アッブード村、クワイリス市、バーブ市、ウワイジャ地区、ハンダラート・キャンプなどで、軍が反体制武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

またアレッポ市では、シュカイイフ地区、シャイフ・マクスード地区、ブアイディーン地区、カーディー・アスカル地区、カースティールー地区などで、軍が反体制武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、ザバダーニー市、ハフィール市、ザマルカー町、カフルバトナー町、イバーダ市、シャブアー町、ハジャル・アスワド市などで軍と反体制武装集団が交戦、軍が軍の砲撃・空爆を受けた。

一方、SANA(4月9日付)によると、シャイフーニーヤ村郊外、イバーダ市、ウタイバ村、フジャイラ村、ムライハ市郊外、ザバダーニー市、アドラー市、ハジャル・アスワド市などで軍が反体制武装集団に対する特殊作戦を行い、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダマスカス県では、RT(4月9日付)によると、カフルスーサ区の外務在外居住者省と首相府の前などに迫撃砲弾4発が着弾した。

これに関して、SANA(4月9日付)は、カフルスーサ区にテロリストが撃った迫撃砲弾2発が着弾し、1人死亡、2人が負傷したと報じた。

Kurdonline(4月9日付)によると、迫撃砲弾の着弾により、外務在外居住者省の建物に被害が出たほか、シャーム・センター(ショッピング・モール)近くの住宅街、カールトーン交差点・シャーム・センター間の道路などに着弾した。

またSANA(4月9日付)によると、カッサーア地区のバグダード通りのタフリール広場に面するフィルドゥース・モスクに反体制武装集団が撃った迫撃砲弾2発が着弾し、火災が発生した。死傷者は出なかった。

一方、シリア人権監視団によると、カーブーン区が軍の砲撃を受けた。

**

ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、マヤーディーン市に対して軍が空爆を行い、またダイル・ザウル市ハミーディーヤ地区に砲撃を加えた。

**

ラッカ県では、シリア人権監視団によると、ラッカ市北部を軍が空爆し、第17師団基地周辺で軍と反体制武装集団が交戦した。

**

イドリブ県では、SANA(4月9日付)によると、マアッラト・ヌウマーン市、カフルルーマー村、ハマーマ市、ビンニシュ市、ジダール・ブカルフーン市、マジュダリヤー村、サラーキブ市などで、軍が反体制武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダルアー県では、SANA(4月9日付)によると、ダルアー市郊外で、軍が反体制武装集団を追撃し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

またシリア人権監視団によると、ダーイル・タファス市間の街道で、軍が反体制武装集団を要撃し、クライシュの鷹大隊を指揮するアニース・ムハンマド・ジャームースを殺害した。

**

ヒムス県では、SANA(4月9日付)によると、アーバル市、ラスタン市、ダール・カビーラ村、ハウラ地方、ヒムス市各所、キースィーン村、ブルジュ・カーイー村、タドムル市などで、軍が反体制武装集団と交戦し、外国人戦闘員など複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

民主連合党人民防衛隊司令部は声明を出し、ハサカ市ナースィラ地区の街道に設置された人民防衛隊の検問所が武装集団の襲撃を受け、隊員1人が死亡、2人が負傷した、と発表した。

同声明によると、その後の戦闘で人民防衛隊は複数の武装集団戦闘員を捕捉、彼らは体制を支持する民兵やバアス党の民兵からなる「統一アラブ連合」なる組織が襲撃を行ったと自供したという。

シリア政府の動き

シリアの外務在外居住者省は国連安保理議長と事務総長宛てに書簡を送り、そのなかでダマスカス県サブウ・バフラート広場近くでの自爆テロに関して、対話に基づく危機の政治的解決の努力を成功させる意思を改めて示すとともに、シリア国内のテロ組織に対して武器兵站支援、教練、資金援助を続ける諸外国の活動を抑止するよう求めた。

**

クッルナー・シュラカー(4月9日付)は、アサド大統領がロシアにシリア沖の石油採掘権を売り渡そうとしていると報じた。真偽は不明。

レバノンの動き

NNA(4月9日付)によると、北部県アッカール郡の対シリア国境に位置するザハビーヤ村にシリア領内から発射された迫撃砲弾3発が着弾し、少年1人が負傷、民家2件が被害を受けた。

諸外国の動き

ヨルダンの首都アンマンの首相府前で、ジハード主義潮流がメンバーの釈放を求めてデモを行った。

デモに参加した組織の指導者ムハンマド・シャラビー(アブー・サイヤーフ)は「最近のシリア政府軍との戦闘で、我らが兄弟であるジハード戦士たち30人が殉教した」と述べた。

なお別に指導者によると、現在シリア国内に500人のサラフィー主義戦闘員が潜入しているという。

**

英国のウィリアム・ヘイグ外務大臣は、シリア革命反体制勢力国民連立のガッサーン・ヒートゥー暫定政府首班とロンドンで会談した。

ヘイグ外務大臣によると、会談では、シリア国内への支援のありよう、EUの武器禁輸措置解除の是非などについて協議されたという。

ヘイグ外務大臣は会談後、「我々は連立をシリア国民の唯一の正統な代表として承認した。しかし、シリア大使館に関しては法的に考慮すべき問題があり、本件に関して新たな発表はない。連立に大使館を明け渡すことはできない」と述べた。

**

フランス外務省報道官は記者会見で、イラク・イスラーム国がシャームの民のヌスラ戦線との統合を宣言したことに関して、フランスがEU諸国とともに国連安保理でヌスラ戦線をテロ組織として認定することを検討していると述べた。

AFP, April 9, 2013、Akhbār al-Sharq, April 9, 2013、al-Ḥayāt, April 10, 2013, April 11, 2013、Kull-nā Shurakā’, April 9, 2013, April
10, 2013、Kurdonline, April 9, 2013、Naharnet, April 9, 2013、NNA, April 9,
2013、Reuters, April 9, 2013、SANA, April 9, 2013、UPI, April 9, 2013などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.