シリア軍、ヒズブッラー戦闘員が反体制派の牙城ザバダーニー市(ダマスカス郊外県)内に突入(2015年7月5日)

ダマスカス郊外県では、AFP(7月5日付)がシリア治安筋の話として、シリア軍が、反体制派の牙城であるザバダーニー市内への突入を開始した、と伝えた。

シリア人権監視団によると、この突入に先立って、シリア軍は「樽爆弾」12発以上を投下、また地対地ミサイルなどで攻撃をザバダーニー市を攻撃した。

これに関して、SANA(7月5日付)は、レバノン・レジスタンス(ヒズブッラー戦闘員)の支援を受けたシリア軍が、ザバダーニー市西部のジャムイーヤート地区と同市東部のスルターナ地区を制圧したと伝えた。

Naharnet, July 4, 2015

Naharnet, July 4, 2015

また、SANAによると、レバノンのレジスタンス(ヒズブッラー戦闘員)の支援を受けたシリア軍部隊は早朝、ザバダーニー市内からの「タクフィール主義テロ集団」掃討に向けた大規模掃討作戦を開始し、両地区を制圧、ザバダーニー市全土掌握に向けて作戦を継続しているという。

シリア軍はこのほかにもアイン・タルマー村で、反体制武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダマスカス県では、シリア人権監視団によると、ジャウバル区で、シリア軍、国防隊、ヒズブッラー戦闘員が、シャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団と交戦した。

一方、SANA(7月5日付)によると、ジャウバル区で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ハマー県では、シリア人権監視団によると、カフルズィーター市、ラターミナ町、ラハーヤー村などをシリア軍が空爆した。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、アレッポ市カーディー・アスカル地区、旧市街をシリア軍が「樽爆弾」で空爆、また市内各所での戦闘でジハード主義武装集団戦闘員12人を捕捉した。

これに関して、シリア・アラブ・テレビ(7月5日付)は、捕捉した戦闘員の証言を放映、アフマド・ムスタファー・マスタリーを名乗る戦闘員らは、イドリブ県のサルキーン市の教練キャンプで米国人教官から軍事教練を受けて、戦闘に参加していた、などと証言した。

またSANA(7月5日付)によると、カフルダーイル村、マンスーラ村、科学研究センター施設一帯、カフルハムラ村、アアザーズ市、アンジャーラ村、アレッポ市カースティールー地区、ラーシディーン地区、ライラムーン地区、旧市街、カッラーサ地区で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、シャームの民のヌスラ戦線の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダルアー県では、SANA(7月5日付)によると、ダルアー市各所、西ガーリヤ村、ヤードゥーダ村、ビータール農場北部で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、シャームの民のヌスラ戦線の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

クナイトラ県では、SANA(7月5日付)によると、ジャバーター・ハシャブ村、アブー・シャブタ村で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、シャームの民のヌスラ戦線の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ヒムス県では、SANA(7月5日付)によると、ジャッブーリーン村で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、シャームの民のヌスラ戦線の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

イドリブ県では、SANA(7月5日付)によると、カフル・ウワイド村、カンスフラ村、トゥルア村、マジャース村、アブー・ズフール町、バシュラームーン村などを、シリア軍が空爆し、シャームの民のヌスラ戦線の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

シリア革命反体制勢力国民連立の暫定政府が所轄するイドリブ衛生局は、カンスフラ村の整形外科センターがシリア軍の空爆によって破壊され、機能停止になったと発表した。

**

ハマー県では、SANA(7月5日付)によると、ラターミナ町などをシリア軍が空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

AFP, July 5, 2015、AP, July 5, 2015、ARA News, July 5, 2015、Champress, July 5, 2015、al-Hayat, July 6, 2015、Iraqi News, July 5, 2015、Kull-na Shuraka’, July 5, 2015、al-Mada Press, July 5, 2015、Naharnet, July 5, 2015、NNA, July 5, 2015、Reuters, July 5, 2015、SANA, July 5, 2015、UPI, July 5, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク