ハモンド英外相、移行期間におけるアサド大統領の6ヶ月の残留を初めて提案、シリア情報大臣は「非合理且つ非論理的」と(2015年9月10日)

英国のフィリップ・ハモンド外務大臣は、シリアでの紛争和解に向け設置が目指されている移行期統治機関に関して、アサド大統領に6ヶ月間だけ移行期政府を指導することを認めることで、ロシア、イランの協力を得るべきだ発言した。

ハモンド外務大臣は下院外交委員会で、「アサドとその取り巻きがまず最初に対峙しなければならないとは言っているのではない。シリアの同盟国であるロシアとイランと協力するため、英国と西側諸国政府は、移行期において(アサド)大統領が権力の座にとどまることができる期間を6ヶ月までと定めて合意するべきだ」と発言した。

**

マフムード・ズウビー情報大臣は、ハモンド外務大臣の発言に関して『ガーディアン』(9月10日付)に対して「非合理且つ非論理的」と一蹴、「英国の外務大臣が、シリア人に代わって、シリアの大統領がどのくらい権力の座に就くべきかといったことを決める権利などどこにあるのか?」と反論、拒否した。

ズウビー情報大臣はまた、ハモンド外務大臣の発言に対して、「キャメロンは3日以上権力の座にとどまるべきでなく、ハモンドは今日中に辞めねばならないと私が提案したらどう思う?」と不快感を露わにした。

また「我々は、シリアが過激派の国になることを許さないだろう…。サウジアラビアの二の舞にはならない」と付言した。

AFP, September 10, 2015、AP, September 10, 2015、ARA News, September 10, 2015、Champress, September 10, 2015、The Guardian, September 10, 2015、al-Hayat, September 11, 2015、Iraqi News, September 10, 2015、Kull-na Shuraka’, September 10, 2015、al-Mada Press, September 10, 2015、Naharnet, September 10, 2015、NNA, September 10, 2015、Reuters, September 10, 2015、SANA, September 10, 2015、UPI, September 10, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク