ロシア軍がイドリブ市のヌスラ戦線拠点を空爆し、国立病院が被弾、20人が死傷(2016年5月30日)

イドリブ県では、クッルナー・シュラカー(5月30日付)によると、ロシア軍戦闘機がイドリブ市を15回以上にわたり空爆し、20人が死傷、イドリブ国立病院の建物が被害を受けた(シリア人権監視団によると、ロシア軍の空爆によるイドリブ市空爆での死者は23人、負傷者は数十人、トルコ外務省によると民間人60人が死亡)。

ARA News(5月30日付)によると、イドリブ市への空爆はシャームの民のヌスラ戦線の拠点とされる施設に対するものだという。

また、シリア人権監視団によると、戦闘機(所属明示せず)がマストゥーマ村を空爆した。

一方、SANA(5月30日付)によると、フーア市を反体制武装集団が迫撃砲で攻撃し、子供1人が死亡、複数人が負傷した。

**

アレッポ県では、ドゥラル・シャーミヤー(5月30日付)によると、シリア軍戦闘機がアレッポ市内東部の反体制武装集団支配地域を「樽爆弾」で空爆し、住民数十人が死傷した。

またシリア軍はアレッポ市カッラーサ地区、サールーフ地区、旧市街、ハイダリーヤ地区などを砲撃し、住民13人が死亡したという。

この空爆・砲撃と合わせて、シリア軍はクドス旅団とともにアレッポ市北部のハンダラート・キャンプ一帯に進軍し、反体制武装集団と交戦した。

さらに、ARA News(5月30日付)によると、シリア軍はアレッポ市北西部のマアッラータ村に進軍し、反体制武装集団と交戦、アレッポ市南部郊外のハーン・トゥーマーン市一帯でもファトフ軍と交戦した。
した。

一方、SANA(5月30日付)によると、アレッポ市ラームーサ地区、ハムダーニーヤ地区、スィルヤーン地区に反体制武装集団が撃った迫撃砲弾が着弾し、2人が死亡、20人が負傷した。

**

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、マルジュ・スルターン村一帯をシリア軍が砲撃し、看護師1人が死亡した。

また戦闘機(所属明示せず)がサラーム高速道路一帯(ハーン・シャイフ・キャンプ近郊)を12回にわたって空爆した。

一方、SANA(5月30日付)によると、ハラスター氏郊外の住宅街に反体制武装集団が撃った迫撃砲が着弾し、2人が死亡、2人が負傷した。

**

ヒムス県では、ARA News(5月30日付)によると、シリア軍戦闘機・ヘリコプターがガントゥー市、ウンム・シャルシューフ村、ザアフラーナ村、ラスタン市西部農場地帯などを空爆した。

一方、SANA(5月30日付)によると、反体制武装集団がヒムス市サビール地区を砲撃した。

**

ハマー県では、SANA(5月30日付)によると、スカイラビーヤ市をシャーム自由人イスラーム運動が砲撃し、スカイラビーヤ国立病院が被弾した。

**

クナイトラ県では、SANA(5月30日付)によると、シャームの民のヌスラ戦線がバアス市を砲撃し、保健局などが被弾した。

AFP, May 30, 2016、AP, May 30, 2016、ARA News, May 30, 2016、Champress, May 30, 2016、al-Durar al-Shamiya, May 30, 2016、al-Hayat, May 31, 2016、June 1, 2016、Iraqi News, May 30, 2016、Kull-na Shuraka’, May 30, 2016、al-Mada Press, May 30, 2016、Naharnet, May 30, 2016、NNA, May 30, 2016、Reuters, May 30, 2016、SANA, May 30, 2016、UPI, May 30, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク