トルコ軍の空爆・砲撃支援にもかかわらず、反体制武装集団はYPG主体のシリア民主軍支配地域に進軍できず(2016年10月23日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍が、トルコ軍地上部隊および同軍の支援を受けるジハード主義武装集団とマーリア市近郊のシャイフ・イーサー村一帯で戦闘を続けた。

ARA News(10月23日付)によると、トルコ軍はまた、アレッポ県北部のジャッバーン村、ブルジュ村一帯のダーイシュ(イスラーム国)拠点を8回にわたり砲撃する一方、シャイフ・イーサー村、ハルバル村、ウンム・フーシュ村一帯のシリア民主軍拠点を51回にわたり空爆・砲撃したと発表した。

しかし、トルコ軍の支援を受ける反体制武装集団(ハワール・キッリス作戦司令室)は、トルコ軍の空爆・砲撃による支援にもかかわらず、シリア民主軍の抗戦により、進軍を妨げられた。

なお、シリア人権監視団によると、トルコ軍戦闘機の空爆と地上部隊の砲撃、トルコ軍の支援を受けた反体制武装集団(ジハード主義武装集団)との戦闘で、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍側の死者数は20日以降だけで22人にのぼっているという。

**

ARA News(10月23日付)によると、トルコ軍の支援を受けアレッポ県北部で「ユーフラテスの盾」作戦に参加する武装集団の一つムウタスィム・ビッラー旅団の司令官、ムスタファー・シージュリー氏が乗った車がハタイ県アンタキア市近くの街道を走行中に、道路脇に仕掛けられた爆弾の爆発に巻き込まれ、シージュリー氏が軽傷を負った。

**

ハサカ県では、ARA News(10月23日付)によると、トルコ国境警備隊がラアス・アイン市西部郊外で国境に近づいた若者に発砲、負傷させた。

AFP, October 23, 2016、AP, October 23, 2016、ARA News, October 23, 2016、Champress, October 23, 2016、al-Hayat, October 24, 2016、Iraqi News, October 23, 2016、Kull-na Shuraka’, October 23, 2016、al-Mada Press, October 23, 2016、Naharnet, October 23, 2016、NNA, October 23, 2016、Reuters, October 23, 2016、SANA, October 23, 2016、UPI, October 23, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク