シリア軍はダーイシュとの戦闘の末ヒムス県東部のシャーイル油田一帯をほぼ制圧(2017年4月30日)

ヒムス県では、SANA(4月30日付)、シリア人権監視団によると、シリア軍および予備部隊がダーイシュ(イスラーム国)との戦闘の末、県東部のラジャム・カスル村、ラジャム・カーリー村、ラジャム・ディルガーム村、マドラージャ丘、シャーイル通信ステーション、シャーイル工場、サンヤート・ルッズ山、西イウラーム丘、トレイクス丘、カーラト・バーク、シャーイル油田第103、108、110、112油田を制圧、シャーイル油田内最大の油田の第105油田に接近した。

**

ダイル・ザウル県では、SANA(4月30日付)によると、シリア軍がダイル・ザウル市南部パノラマ交差点一帯、工業地区でダーイシュ(イスラーム国)と交戦した。

AFP, April 30, 2017、AP, April 30, 2017、ARA News, April 30, 2017、Champress, April 30, 2017、al-Hayat, May 1, 2017、Kull-na Shuraka’, April 30, 2017、al-Mada Press, April 30, 2017、Naharnet, April 30, 2017、NNA, April 30, 2017、Reuters, April 30, 2017、SANA, April 30, 2017、UPI, April 30, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク