ハサカ県シャッダーディー市でYPG隊員が商店主を殺害したことを受け、YPG退去を求める抗議デモ(2017年4月30日)

ハサカ県では、クッルナー・シュラカー(5月1日付)によると、シャッダーディー市で西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊の隊員が商店主と口論の末、射殺した。

射殺されたのはマーヒル・アワード・ジージャーン・ムハイミード氏。

ハサカ県の活動家で自身のハルフ・ジャッバーラ氏によると、ムハイミード氏射殺を受け、シャッダーディー市ではデモが発生、人民防衛部隊の市外への退去が求められたという。

Kull-na Shuraka’, May 1, 2017

AFP, May 1, 2017、AP, May 1, 2017、ARA News, May 1, 2017、Champress, May 1, 2017、al-Hayat, May 2, 2017、Kull-na Shuraka’, May 1, 2017、al-Mada Press, May 1, 2017、Naharnet, May 1, 2017、NNA, May 1, 2017、Reuters, May 1, 2017、SANA, May 1, 2017、UPI, May 1, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 国内の暴力 パーマリンク