米国防総省報道官「米国はアフリーンのクルド人民兵を支援しないし、同地へのトルコの軍事作戦にも参加しない」(2018年1月17日)

米国防総省のエイドリアン・ランキン=ギャロウェイ報道官(少佐)は、トルコが攻略の準備を進めている西クルディスタン移行期民政局支配下のアレッポ県アフリーン市一帯地域に関して、「アフリーンの人民防衛隊(YPG)は、ダーイシュ(イスラーム国)に対する作戦(部隊)の一部をなしているとは見ていない」と述べた。

ギャロウェイ報道官はまた「米国はアフリーンのクルド人民兵を支援しない。米国は彼らと何らつながりはない。彼らに武器や教練を供与していない」と述べた。

一方、トルコ軍が準備している軍事作戦についても「米国はアフリーンで行われるであろうトルコの軍事作戦の一部をなすこともない…。すべての当事者は緊張をもたらすような措置をこうじるべきでない」と述べた。

アナトリア通信(1月17日付)が伝えた。

AFP, January 17, 2018、Anadolu Ajansı, January 17, 2018、ANHA, January 17, 2018、AP, January 17, 2018、al-Durar al-Shamiya, January 17, 2018、al-Hayat, January 18, 2018、Reuters, January 17, 2018、SANA, January 17, 2018、UPI, January 17, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク