シリア軍はスワイダー県東部・北東部でダーイシュ掃討戦を続ける(2018年8月9日)

スワイダー県では、SANA(8月9日付)やシリア人権監視団によると、シリア軍が予備部隊とともに、ダーイシュ(イスラーム国)が活動を続ける県東部および北東部の砂漠地帯への展開を継続、ダーイシュの拠点に対する爆撃・砲撃を行い、カラーア地区、ザフラト・ラーシド地区、ビイリー・ナイマ地区、サラースィル地区、ビイル・サウト、そしてダマスカス郊外県のサファー丘に至る地域を制圧した。

SANA, August 9, 2018

AFP, August 9, 2018、ANHA, August 9, 2018、AP, August 9, 2018、al-Durar al-Shamiya, August 9, 2018、al-Hayat, August 10, 2018、Reuters, August 9, 2018、SANA, August 9, 2018、UPI, August 9, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク