シャーム解放機構に所属するウズベク人武装集団はイドリブ県での少年誘拐事件へのウズベク人の関与を否定(2019年1月10日)

シャーム解放機構に所属するウズベク人武装集団のタウヒード・ワ・ジハード大隊は声明を出し、ウズベク人2人がイドリブ県クーリーン村で15歳の少年を誘拐し、7万ドルの身代金を要求しているとする住民の主張について、ウズベク人は事件とは無関係だと発表した。

al-Durar al-Shamiya, January 10, 2019

AFP, January 10, 2019、ANHA, January 10, 2019、AP, January 10, 2019、al-Durar al-Shamiya, January 10, 2019、al-Hayat, January 11, 2019、Reuters, January 10, 2019、SANA, January 10, 2019、UPI, January 10, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク