ルクバーン・キャンプ総務政治関係委員会はシリア政府支配地域への帰還を拒否、トルコ占領下のシリア北部へのキャンプ移転を要求(2019年1月10日)

ヒムス県南東部のタンフ国境通行所に近いヨルダン北東部のルクバーン・キャンプの総務政治関係委員会を名のるグループがビデオ声明を出し、「アサド政権支配下の地域への帰国を拒否する」と表明した。

また、このグループは声明で「我々は、有志連合の保護のもと、砂漠を経由してシリア北部にキャンプを移転することを求めている。我々は…キャンプの処遇について誰とも交渉はしてこなかったし、これからもすることはない」と付言した。

AFP, January 10, 2019、ANHA, January 10, 2019、AP, January 10, 2019、al-Durar al-Shamiya, January 10, 2019、al-Hayat, January 11, 2019、Reuters, January 10, 2019、SANA, January 10, 2019、UPI, January 10, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク