トルコの庇護を受ける反体制武装集団のメンバー4人が離反し、YPG主体のシリア民主軍に所属するマンビジュ軍事評議会に投降(2019年1月11日)

アレッポ県では、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍に所属するマンビジュ軍事評議会の広報センターが、トルコの庇護を受けるいわゆる「ユーフラテスの盾」作戦司令室の戦闘員4人が離反し、マンビジュ軍事評議会に投降したと発表した。

ANNA(1月11日付)が伝えた。

ANHA, January 11, 2019

AFP, January 11, 2019、ANHA, January 11, 2019、AP, January 11, 2019、al-Durar al-Shamiya, January 11, 2019、al-Hayat, January 12, 2019、Reuters, January 11, 2019、SANA, January 11, 2019、UPI, January 11, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク