YPG主体のシリア民主軍はダーイシュ最後の支配地バーグーズ村への攻撃を再開(2019年3月9日)

人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍のムスタファー・バーリー公式報道官は、ダーイシュ(イスラーム国)最後の支配地が残るダイル・ザウル県南東部(上)バーグーズ村から民間人や戦闘員の退去・投降がなければ、3月9日に戦闘を再開すると述べた。

ロイター(3月9日付)が伝えた。

AFP, March 9, 2019、ANHA, March 9, 2019、AP, March 9, 2019、al-Durar al-Shamiya, March 9, 2019、al-Hayat, March 10, 2019、Reuters, March 9, 2019、SANA, March 9, 2019、UPI, March 9, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク