トルコのエルドアン大統領「S-400購入は米国の安全保障ではなく、シリアでのトルコの活動の自由と関係している。その利用方法は明らかだ」(2019年3月9日)

トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は、統一地方選挙に向けてディアルバクル県で演説し、ロシアからのS-400防空システムの購入と、シリアでのトルコの軍事作戦の関係に言及した。

エルドアン大統領は「S-400防空システムの購入をめぐる取引と、米国の安全保障、NATO、F-35、、、プロジェクトも一切関係はない…。我々がS-400防空システムを購入した理由、そしてその理由に基づいてどのように利用するかは明白だ。問題はS-400防空システムの購入ではなく、トルコがこの地域、とりわけシリアでの活動の自由と関係している…。この問題をめぐってアンカラとワシントンの意見の相違が解消されることを望む」と述べた。

アナトリア通信(3月9日付)が伝えた。

AFP, March 9, 2019、Anadolu Ajansı, March 9, 2019、ANHA, March 9, 2019、AP, March 9, 2019、al-Durar al-Shamiya, March 9, 2019、al-Hayat, March 10, 2019、Reuters, March 9, 2019、SANA, March 9, 2019、UPI, March 9, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク