ラタキア県でアサド家の「子飼い」と国防隊・シリア軍部隊が交戦、国防隊司令官が捉えられ、腕を折られる(2019年3月9日)

ラタキア県では、バラディー(3月10日付)、ジュルフ・メディアなどによると、ハーフィズ・アサド前大統領の生誕地であるカルダーハ市で、アサド大統領の甥にあたるバッシャール・タラール・アサド氏とヤサール・タラール・アサド氏の「子飼い」と国防隊・シリア軍部隊が交戦した。

交戦は、バッシャール・タラール氏の「子飼い」が、イヤード・バラカート氏が指揮するジャブラ市の国防隊司令官の隊員から文句を言われたことがきっかけ。

カルダーハ市での交戦を受けて、バッシャール・タラール氏とヤサール氏の「子飼い」は、ジャブラ市にあるバラカート氏の自宅を襲撃、バラカート氏の自宅を守るために駆けつけたシリア軍部隊とも交戦した。

バッシャール・タラール氏とヤサール氏の「子飼い」は最終的にはバラカート氏を捉えて、腕を骨折させたという。

バッシャール・タラール氏とヤサール氏は、アリーン第313部隊(別名アブー・ハーディス大隊)を名のる「シャッビーハ」を指導している。

AFP, March 10, 2019、ANHA, March 10, 2019、AP, March 10, 2019、Baladi, March 10, 2019、al-Durar al-Shamiya, March 10, 2019、al-Hayat, March 11, 2019、Jurf News, March 10, 2019、Reuters, March 10, 2019、SANA, March 10, 2019、UPI, March 10, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 国内の暴力 パーマリンク