YPG主体のシリア民主軍はダーイシュ最後の支配地バーグーズ村への攻撃を再開(2019年3月10日)

ダイル・ザウル県では、ANHA(3月10日付)によると、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍が10日18時00分、ダーイシュ(イスラーム国)最後の支配地である(上)バーグーズ村に対する攻撃を再開した。

シリア民主軍は、バーグーズ村に留まっていた住民、ダーイシュ戦闘員とその家族の退去・投降を促すため、一時攻撃を停止していた。

攻撃再開を受け、シリア民主軍はバーグーズ村を四方から攻撃、ダーイシュと激しく交戦した。

AFP, March 10, 2019、ANHA, March 10, 2019、AP, March 10, 2019、al-Durar al-Shamiya, March 10, 2019、al-Hayat, March 11, 2019、Reuters, March 10, 2019、SANA, March 10, 2019、UPI, March 10, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク