シリアの伝統芸能の影絵芝居がUNESCO「緊急に保護する必要がある無形文化遺産」に登録されたことを記念し、ダマスカスで記念式典が行われ、アスマー大統領夫人が出席(2019年3月16日)

シリアの伝統芸能の影絵芝居がUNESCO(国連教育科学文化機関)の「緊急に保護する必要がある無形文化遺産」に登録されたことを記念して、首都ダマスカスのタキーヤ・スライマーニーヤで記念式典が行われた。

「緊急に保護する必要がある無形文化遺産」に登録されたのは、影絵芝居がシリアで初めて。

記念式典は、UNESCOシリア国民委員会とシリア国民信託が、文化省が協力を得て共同開催し、アスマー・アフラス大統領夫人も出席した。

SANA(3月16日付)が伝えた。

AFP, March 16, 2019、ANHA, March 16, 2019、AP, March 16, 2019、al-Durar al-Shamiya, March 16, 2019、al-Hayat, March 17, 2019、Reuters, March 16, 2019、SANA, March 16, 2019、UPI, March 16, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き パーマリンク