『ニューズウィーク』は米国防総省高官の話として、米軍がイドリブ県で実施した極秘作戦でダーイシュのバグダーディー指導者を殺害したと伝える(2019年10月26日)

『ニューズウィーク』(10月26日)は、米国防総省高官の話として、ダーイシュ(イスラーム国)のアブー・バクル・バグダーディー指導者が、イドリブ県で米軍ヘリコプターが実施した極秘作戦で殺害されたと伝えた。

同高官によると、この攻撃は、1週間ほど前にドナルド・トランプ米大統領によって承認され、爆撃が26日に実施された。

同誌によると、国防総省はバグダード指導者の殺害がほぼ確実に殺害されたことを確認しているという。

**

一方、CNN(10月26日)は、国防総省筋の話として、バグダーディー指導者は米軍が迫るなか、自爆用のベストを爆発させて自殺したようだと伝えた。

**

こうしたなか、ホワイト・ハウスはトランプ大統領が27日早朝(東部時間)に重要な声明を出しと発表した。

**

トランプ大統領もツイッターのアカウント(https://twitter.com/realdonaldtrump)で、「何かすごくでかいことが起きたところだ」と綴った。

AFP, October 27, 2019、ANHA, October 27, 2019、AP, October 27, 2019、CNN, October 27, 2019、al-Durar al-Shamiya, October 27, 2019、Newsweek, October 27, 2019、Reuters, October 27, 2019、SANA, October 27, 2019、SOHR, October 27, 2019、UPI, October 27, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク