日別アーカイブ: 2014年2月7日

2014年2月7日のシリア情勢:反体制勢力の動き(追記)

シャーム自由人イスラーム戦線は声明を出し、イラク・シャーム・イスラーム国(ダーイシュ)が6日早朝にハサカ県にある戦線の拠点複数カ所を襲撃、制圧を批判、ダーイシュを「裏切り集団」とみなし停戦合意を破棄すると発表した。 ** … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

2014年2月7日のシリア情勢:諸外国の動き

ジェイ・ジョンソン米国土安全保障長官は、ポーランドで開かれていた英仏独伊・スペイン・ポーランド内相との会談を終え、米国に帰国した。 ジョンソン長官はシリア情勢を「国家安全保障上の問題」と位置づけたうえで、シリア情勢、とり … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

2014年2月7日のシリア情勢:イラクの動き

内務省は、アンバール県ブー・ジャービル地方で、軍と対テロ部隊がイラク・シャーム・イスラーム国(ダーイシュ)の戦闘員35人を殺害、車輌などの装備を押収したと発表した。 ** イラキー・ニューズ(2月7日付)は、治安筋の話と … 続きを読む

カテゴリー: イラクの動き | コメントする

2014年2月7日のシリア情勢:レバノンの動き

自由スンナ・バアルベック大隊を名乗る集団がツイッターを通じて声明を出し、ベカーア県ヘルメル郡内にあるヒズブッラーの軍事教練施設で6日にイラン人教官を暗殺したと発表した。 AFP, February 7, 2014、AP, … 続きを読む

カテゴリー: レバノンの動き | コメントする

2014年2月7日のシリア情勢:国内の暴力

ヒムス県では、SANA(2月7日付)によると、シリア政府と国連の合意に基づき、ヒムス市旧市街から、女性、子供、老人からなる退去希望者の第1陣が退去し、シリア赤新月社、国連などによって保護された。 ヒムス県のタラール・バラ … 続きを読む

カテゴリー: 国内の暴力 | コメントする

2014年2月7日のシリア情勢:シリア政府の動き

ファイサル・ミクダード外務在外居住者副大臣はSANA(2月7日付)に対し、2月10日に始まるジュネーブ2会議第2ラウンドにシリア・アラブ共和国代表団が参加することが決定されたと述べた。 ** ウムラーン・ズウビー情報大臣 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

2014年2月7日のシリア情勢:反体制勢力の動き

クッルナー・シュラカー(2月7日付)は、ラッカ県の消息筋の話として、ラッカ市郊外のサルハビーヤ村で、イラク・シャーム・イスラーム国(ダーイシュ)の戦闘員との結婚を強要された女性が自殺したと報じた。 自殺したのは英部学部( … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする