日別アーカイブ: 2014年2月17日

2014年2月17日のシリア情勢:反体制勢力の動き(追記2)

アレッポ・シャリーア委員会は声明を出し、1993~1995年生まれの男性がアレッポ市のカラージュ・ハジュズ通行所を経由し、シリア政府支配地域に入り、投降することを禁じると発表した。 Kull-na Shuraka’, F … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

2014年2月17日のシリア情勢:反体制勢力の動き(追記)

アレッポ県アターリブ市では、イラク・シャーム・イスラーム国(ダーイシュ)撤退を受けて同村の自治を担うようになったシリア建設連合が、ダーイシュ戦闘員などの落書きを消去した。 クッルナー・シュラカー(2月17日付)が伝えた。 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

2014年2月17日のシリア情勢:諸外国の動き

ジョン・ケリー米国務長官は訪問先のインドネシアの首都ジャカルタでシリア情勢に関して「ロシアの武器援助、資金援助がアサドを強気にさせているのだ」とロシアを名指しで批判した。 またジュネーブ2会議の事実上の決裂について、ケリ … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

2014年2月17日のシリア情勢:イラクの動き

イラキー・ニューズ(2月17日付)は、治安筋の話として、イラク空軍がアンバール県の対シリア国境を空爆し、イラク・シャーム・イスラーム国(ダーイシュ)の車輌20輌を破壊、戦闘員14人を殲滅したと報じた。 またラマーディー市 … 続きを読む

カテゴリー: イラクの動き | コメントする

2014年2月17日のシリア情勢:レバノンの動き

UNHCRはレバノン国内にいるシリア人避難民の数が92万7,638人に達していると発表した。 このうち87万9,907人が難民登録を終え、のこる4万7,731人が登録申請中だという。 AFP, February 17, … 続きを読む

カテゴリー: レバノンの動き | コメントする

2014年2月17日のシリア情勢:国内の暴力

ダマスカス郊外県のフサイン・マフルーフ知事はビビーラー市の裁判所前で記者団に対し、市民の献身的な努力と、軍、国防隊との真の協力関係のもと、同市、バイト・スィヒム市、ヤルダー市などで国民和解が実現したと発表、同地住民に対し … 続きを読む

カテゴリー: 国内の暴力 | コメントする

2014年2月17日のシリア情勢:シリア政府の動き

SANA(2月17日付)によると、ダマスカス郊外県アシュラフィーヤト・サフナーヤー市郊外にあるバーリダ地区の3月8日広場で、軍による「テロとの戦い」を支持するデモが行われ、同地区およびその周辺地区の住民数千人が参加した。 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

2014年2月17日のシリア情勢:反体制勢力の動き

自由シリア軍参謀委員会報道官のカースィム・サアドッディーン大佐は、サリーム・イドリース参謀長解任に関して、アラビーア・チャンネル(2月16日付)に、2013年12月の対トルコ国境地域の武器庫に対するイスラーム戦線の襲撃を … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする