日別アーカイブ: 2018年6月15日

YPGが離反戦闘員捜索のためハサカ市近郊のアラブ人の村を包囲(2018年6月15日)

ハサカ県では、ハーブール(6月17日付)によると、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)が、ハサカ市西のアブドゥルアズィーズ山に位置するダーウディーヤ村とマグルージャ村を包囲した。 同サイトによる … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

トルコのエルドアン大統領「イドリブ県からの難民が押し寄せないようロシアやイランと連絡をとっている」(2018年6月15日)

トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は、イスタンブール市でのラマダーン月明けのイード・フィトルの礼拝後、シリア情勢について言及、そのなかで「イドリブ県からの難民が押し寄せないよう(ロシアやイランと)連絡をとっ … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

シリア軍はダイル・ザウル県南東部でダーイシュと交戦(2018年6月15日)

ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、シリア軍とダーイシュ(イスラーム国)がマヤーディーン市南部および南西部の砂漠地帯で交戦した。 AFP, June 15, 2018、ANHA, June 15, 2018、 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

イスラエルのリーベルマン国防大臣「シリア南部にいわゆる顧問が数十人いてもよい。だが、いかなる軍人もいてはならない」(2018年6月15日)

イスラエルのアヴィグドール・リーベルマン国防大臣は「シリア南部にいわゆる顧問が数十人いてもよい。だが、いかなる軍人もいてはならない」と述べつつ、「シリア問題でイスラエルが求めているのはいたって明白だ。それはヒズブッラーと … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

YPG主体のシリア民主軍はハサカ県の1カ村をダーイシュから奪取(2018年6月15日)

ハサカ県では、ANHA(6月15日付)によると、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍がダシーシャ村近郊でダーイシュ(イスラーム国)に対する掃討戦を続け、同村から6キロの地点に位 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリアのアル=カーイダのメンバーがトルコ軍の装甲車を背にして自撮り(2018年6月15日)

ANHA(6月15日付)は、シリアのアル=カーイダと目されているシャーム解放機構のメンバーが、トルコ軍の装甲車を背にしてスマートフォンで自撮りをした映像を入手したとし、これを公開した。 ANHAによると、映像はイドリブ県 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

米国務省報道官の脅迫に対して、シリア軍はダルアー県への激しい砲撃で応じる(2018年6月15日)

ダルアー県では、ドゥラル・シャーミーヤ(6月15日付)、シリア人権監視団によると、シリア軍が、反体制武装集団の支配下にあるハーッラ市、アクラバー村、カフルシャムス町を砲撃し、子供2人を含む6人が死亡、30人以上が負傷した … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

YPGはアフリーン郡でトルコ軍と反体制武装集団戦闘員15人を殲滅したと発表(2018年6月15日)

アレッポ県では、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)の人民防衛隊(YPG)広報センターが声明を出し、YPG部隊がアフリーン郡のシーラーワー村近郊各所でトルコ軍とその「傭兵」(反体制武装集団)に対する攻撃を実施し、ト … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

アサド大統領がタルトゥース市でラマダーン明けのイード・フィトルを祝うための集団礼拝に参加(2018年6月15日)

アサド大統領は、タルトゥース市(タルトゥース県)にあるサイイダ・ハディージャ・モスクで、ラマダーン明けのイード・フィトルを祝うための集団礼拝に参加した。 集団礼拝には、ムハンマド・アブドゥッサッタール・サイイド宗教関係大 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは7件の停戦違反を、トルコ側は1件の違反を確認(2018年6月15日)

ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(6月15日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を7件(ラタキア県5件、アレッポ県2件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも1件の停戦違反を確認したという。 M … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする