日別アーカイブ: 2020年1月16日

トルコ占領下のスルーク町(アレッポ県)での爆発でトルコ軍兵士3人と国民軍所属組織の幹部1人を含む7人が死亡、トルコ占領地域が厳戒態勢に(2020年1月16日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、トルコ占領下のスルーク町で車に仕掛けられいた爆弾が爆発し、トルコ軍兵士3人と国民軍に所属する東部自由人連合の幹部司令官1人を含む7人が死亡した。 これを受け、東部自由人連合は、ト … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

トルコ軍と国民軍がラッカ県北部、アレッポ県北部を砲撃、シリア民主軍もトルコ占領下のアレッポ県北部を砲撃(2020年1月16日)

ラッカ県では、ANHA(1月16日付)によると、トルコ軍とその支援を受ける国民軍がタッル・アブヤド市近郊の大アブドゥーク村、小アブドゥーク村、クーバルラク村を砲撃した。 ** アレッポ県では、ANHA(1月16日付)によ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

リビアに派遣された国民軍戦闘員は1,750人に、また同国で死亡した戦闘員は19人に(2020年1月16日)

シリア人権監視団は、トルコがリビアの首都トリポリに派遣した国民軍戦闘員の数が約1,750人に達していると発表した。 同監視団によると、リビア行きの募集はトルコ占領下のアレッポ県北部および北西部(「ユーフラテスの盾」地域お … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする

トルコのチャヴシュオール外務大臣はリビア行きに同意した国民軍戦闘員にトルコ国籍を付与しているとの報道を否定(2020年1月16日)

トルコのメヴリュト・チャヴシュオール外務大臣は、CNN Turk(1月16日付)のインタビューで、国民軍戦闘員がリビア行きに同意にしたことの見返りとして彼らにトルコ国籍を付与しているとの英『ガーディアン』紙の報道に関して … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

装甲車などを積んだ貨物車輌など75輌からなる米軍の車列がスィーマルカー国境通行所から入国(2020年1月16日)

ハサカ県では、SANA(1月16日付)、シリア人権監視団によると、装甲車などを積んだ貨物車輌など75輌からなる米軍の車列がスィーマルカー国境通行所から違法に入国し、ハサカ県、ダイル・ザウル県の油田地帯に向かった。 AFP … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

スワイダー市で前日に続いて生活苦を訴える抗議デモ(2020年1月16日)

スワイダー県では、スワイダー24(1月16日付)によると、前日に続いてスワイダー市で住民数百人が、シリア・ポンドの下落に伴う生活苦を訴える抗議デモを行った。 AFP, January 16, 2020、ANHA, Jan … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

北・東シリア自治局はノルウェー外務省の代表にダーイシュ・メンバーの妻でノルウェー国籍の女性1人とその子ども2人を引き渡す(2020年1月16日)

北・東シリア自治局は、14日にハサカ県カーミシュリー市でノルウェー外務省の代表に、ダーイシュ(イスラーム国)メンバーの妻でノルウェー国籍の女性1人と、その子ども2人を引き渡したと発表した。 AFP, January 16 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする

SANAは反体制武装集団がイドリブ県、アレッポ県の人道回廊を通じた住民の脱出を妨害していると伝える(2020年1月16日)

SANA(1月16日付)は、イドリブ県アブー・ズフール町近郊、同県フバイト村、アレッポ県ハーディル村の3カ所に1月13日に設置された人道回廊に関して、反体制武装集団が住民を脅迫するなどして脱出を妨害し、彼らを人間の盾にし … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

シャーム解放機構、国民解放戦線は声明でロシア・トルコの合意に基づく停戦が履行されていないと主張、戦闘継続の意思表明(2020年1月16日)

シリアのアル=カーイダであるシャーム解放機構のアブー・ハーリド・シャーミー報道官は、ロシアとトルコの合意に基づいて12日に発効した停戦に関して、「停戦が宣言された当初かれ、それがロシアの時間稼ぎだとうことを承知しており… … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

シャーム解放機構や国民解放戦線などからなる反体制派はイドリブ県の2カ村を奪還、シリア政府支配下のアレッポ市を砲撃し住民6人を殺害(2020年1月16日)

イドリブ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(1月16日付)やシリア人権監視団によると、シャーム解放機構、国民解放戦線(国民軍)などからなる「決戦」作戦司令室が、新興のアル=カーイダ系組織の一つアンサール・タウヒードとともにシ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする