日別アーカイブ: 2020年11月9日

トランプ米政権はシーザー・シリア保護法に基づいて石油関連部門および政府関連の17の個人と団体を新たに制裁対象に加える(2020年11月9日)

米国務省は声明を出し、2015年10月30日にシリア軍がダマスカス郊外県ドゥーマー市の市場を爆撃し70人以上の市民を殺害した事件から5年が経過したのに合わせて、財務省の外国資産管理局(OFAC)が、シーザー・シリア市民保 … Read More

米主導の有志連合の車輌約15輌からなる車列が兵站物資などを積んで、イラクとの国境に違法に設置されているワリード国境通行所からシリア領内に新たに進入(2020年11月9日)

ハサカ県では、シリア人権監視団によると、米主導の有志連合の車輌約15輌からなる車列が兵站物資などを積んで、イラクとの国境に違法に設置されているワリード国境通行所からシリア領内に新たに進入し、県内各所に設置されている基地に … Read More

トルコ軍はシール・マガール村の第10監視所からの撤退をほぼ完了する一方、イドリブ県バーラ村に新たな拠点を設置(2020年11月9日)

ハマー県では、シリア人権監視団によると、トルコ軍がシリア政府支配地域のなかで孤立していたシール・マガール村の第10監視所からの撤退をほぼ完了した。 ** イドリブ県では、シリア人権監視団によると、トルコ軍が「決戦」作戦司 … Read More

ダルアー県では、軍事情報局や第4機甲師団に配属されている元反体制武装集団メンバーがロシア軍とともに、各地の道路を封鎖、シリア軍兵士10人を拘束、3人を殺害(2020年11月9日)

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、ダルアー市旧市街でシリア政府との和解に応じ軍事情報局や第4機甲師団に配属されていた元反体制武装集団のメンバーがロシア軍の支援を受けて、8日のシリア軍によるダルアー市旧市街での大規 … Read More

ハサカ県アブー・ラースィーン町一帯でシリア軍、シリア民主軍がトルコ軍、国民軍と激しく交戦(2020年11月9日)

ハサカ県では、ANHA(11月9日付)によると、トルコ軍とその支援を受ける国民軍がシリア政府と北・東シリア自治局の共同統治下にあるアブー・ラースィーン(ザルカーン)町近郊のウンム・ハルマル村、マトムーラ村、バスィース村、 … Read More

アサド大統領は、テレビ会議システムでロシアのプーチン大統領と会談し、「難民帰還に関する国際会議」について意見を交わす(2020年11月9日)

アサド大統領は、テレビ会議システムでロシアのヴラジミール・プーチン大統領と会談を行い、11日と12日に開催が予定されている「難民帰還に関する国際会議」について意見を交わした。 ** 会談のなかで、アサド大統領は、「難民帰 … Read More

新型コロナウイルスの新規感染者はシリア政府支配地域で69人、北・東シリア自治局支配地域で161人(2020年11月9日)

保健省は新たに69人の新型コロナウイルス感染者が確認される一方、感染者48人が完治し、4人が死亡したと発表した。 これにより、11月9日現在のシリア国内での感染者数は計6,284人、うち死亡したのは321人、回復したのは … Read More

シリア軍はイドリブ県マアーッラト・ウルヤー村にあるトルコ軍の拠点一帯を砲撃(2020年11月9日)

イドリブ県の緊張緩和地帯(第1ゾーン)は、ロシア・トルコが3月5日の首脳会談で停戦に合意してから249日目を迎えた。 ** イドリブ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍が政府支配下のサラーキブ市の西に位置する「決戦 … Read More

ロシア難民受入移送居住センター:難民279人が新たに帰還、2018年半ば以降帰還した難民は625,692人に(2020年11月9日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(11月9日付)を公開し、11月8日に難民279人(うち女性84人、子供142人)が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは難民27 … Read More