シリア国内の暴力:アレッポ、ダルアーでシリア軍とヌスラ戦線らの戦闘続く(2014年12月3日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、アターリブ市でムジャーヒディーン軍司令官の車に仕掛けられた爆弾が爆発し、この司令官が負傷した。

アレッポ中央刑務所南方で、アンサール・ディーン戦線、シャームの民のヌスラ戦線などジハード主義武装集団が、同刑務所とハンダラート・キャンプを結ぶ兵站路の寸断をめざして、シリア軍を攻撃した。

また両者はザフラー町周辺などでも交戦した。

一方、SANA(12月3日付)によると、ハーン・アサル村、アレッポ市サラーフッディーン地区、ライラムーン地区、ハナーヌー地区、ハラク地区、旧市街、ヌッブル市周辺、ザフラー町周辺で、シリア軍が反体制武装集団の追撃を続け、シャームの民のヌスラ戦線、ムジャーヒディーン軍の戦闘員らを殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、シャイフ・マスキーン市一帯で、シリア軍、国防隊、ヒズブッラー戦闘員がシャームの民のヌスラ戦線などジハード主義武装集団と交戦し、武装集団戦闘員1人が死亡した。

一方、SANA(12月3日付)によると、シャイフ・マスキーン市、インヒル市、ジャースィム市、西ガーリヤ村、アトマーン村、アルマー町、ブスラー・シャーム市、ジャムリーン村、ダルアー市各所で、シリア軍が反体制武装集団の追撃を続け、シャームの民のヌスラ戦線の戦闘員らを殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ラタキア県では、シリア人権監視団によると、ドゥーリーン高地でシリア軍、国防隊とジハード主義武装集団が交戦し、外国人戦闘員1人が死亡した。

**

ヒムス県では、SANA(12月3日付)によると、ラスタン市東部カンヌ山、東サラーム村、ハタムルー村、ハッターブ村、ダイル・フール村、タルフ村、ヒムス市ワアル地区で、シリア軍が反体制武装集団の追撃を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

イドリブ県では、SANA(12月3日付)によると、ムハムバル村、マアッラト・ヌウマーン市、アブー・ズフール町、タッル・サラムー村で、シリア軍が反体制武装集団の追撃を続け、シャームの民のヌスラ戦線戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

AFP, December 3, 2014、AP, December 3, 2014、ARA News, December 3, 2014、Champress, December 3, 2014、al-Hayat, December 4, 2014、Kull-na Shuraka’, December 3, 2014、al-Mada Press, December 3, 2014、Naharnet, December 3, 2014、NNA, December 3, 2014、Reuters, December 3, 2014、SANA, December 3, 2014、UPI, December 3, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク