イスラーム国をめぐる動き:ダーイシュがダイル・ザウルで戦車を使って自爆攻撃(2014年12月3日)

ダイル・ザウル県では、クッルナー・シュラカー(12月3日付)が、ダーイシュ(イスラーム国)消息筋の話として、アブー・フザイファ・リービーを名乗るダーイシュ戦闘員が、ダイル・ザウル市ラサーファ地区のシリア軍拠点に対して爆弾を積んだ戦車で自爆攻撃を行い、多数の兵士を殺害したと報じ、その写真を公開した。

Kull-na Shuraka', December 3, 2014

Kull-na Shuraka’, December 3, 2014

しかし、SANA(12月3日付)は、シリア軍がこの車輌を破壊したと報じた。

また、SANAによると、シリア軍はダイル・ザウル市工業地区、シャイフ・ヤースィーン地区、フジャイジャト・サクル地区、マリーイーヤ村で、シリア軍が反体制武装集団の追撃を続け、ダーイシュの戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

一方、シリア人権監視団によると、ダイル・ザウル県ラサーファ地区、工業地区、労働者住宅地区で、シリア軍とダーイシュ(イスラーム国)が交戦し、ダーイシュ・ハイル州のアミールが負傷、メンバー3人が死亡した。

シリア軍側も複数が死傷した。

戦闘は同市ラサーファ地区でのダーイシュによる自爆攻撃を受けたもので、戦闘激化を受け、ダーイシュ・ハイル州の宗教警察(ヒスバ)は、市内に外出禁止令を発令、商店などに対して営業を行わないよう要請した。

また、同監視団の活動家によると、ダーイシュはダイル・ザウル市上空に偵察機を旋回させ、警戒態勢を敷いているという。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、アイン・アラブ市の東ブーターン地区で、ダーイシュ(イスラーム国)が爆弾を積んだ車で自爆攻撃を行う一方、カーニー・アルバーン地区などで、西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊と交戦した。

また人民防衛隊は、ハール市場地区での戦闘で、ダーイシュ戦闘員8人を殲滅、またダーイシュのタジク人戦闘員を拘束、武器弾薬を押収したという。

このほか人民防衛隊は、マミータ村に至る街道でダーイシュを襲撃し、戦闘員2人を殺害した。

一方、米国など有志連合はアイン・アラブ市一帯のダーイシュ拠点を空爆した。

AFP, December 3, 2014、AP, December 3, 2014、ARA News, December 3, 2014、Champress, December 3, 2014、al-Hayat, December 4, 2014、Kull-na Shuraka’, December 3, 2014、al-Mada Press, December 3, 2014、Naharnet, December 3, 2014、NNA, December 3, 2014、Reuters, December 3, 2014、SANA, December 3, 2014、UPI, December 3, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク