イドリブ市周辺でシリア軍とヌスラ戦線、シャーム自由人イスラーム運動らの攻防続く(2015年3月26日)

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、イドリブ市周辺で、シャーム自由人イスラーム運動、シャームの民のヌスラ戦線、ジュンド・アクサー機構などジハード主義武装集団とシリア軍が交戦し、シリア軍が同地一帯を空爆、過去2日での死者数は68人にのぼった。

うち37人がシャーム自由人イスラーム運動などの戦闘員、31人がシリア軍、国防隊戦闘員で、そのなかには、シャーム自由人イスラーム運動の副司令官アブー・ジャミール・クトブ氏も含まれているという。

シャーム自由人イスラーム運動、ジュンド・アクサー機構などは「ファトフ軍」を結成し、イドリブ市制圧をめざす一方、ヌスラ戦線は「ファトフ軍」とは一線を画しつつ、イドリブ市制圧をめざしているという。

また複数の活動家によると、ジハード主義武装集団が制圧したサバーフ・カティーア検問所南部のルブーア漬物工場で、シリア軍が「人間の盾」にしていたと思われる女性2人と子供3人の遺体が発見された。

なおイドリブ市周辺でシャーム自由人イスラーム運動、ヌスラ戦線らが制圧したシリア軍、国防隊の数は17に及んでいるという。

イドリブ市周辺の検問所から撤退したシリア軍、国防隊は、同市周辺に新たな検問所、哨所などを設置し、反撃をめざしているという。

シリア軍はまた、タマーニア町一帯、バサーミス村、ナビー・アイユーブ高地、ラーミー村を「樽爆弾」で空爆した。

一方、スマート・ニュース(3月26日付)によると、反体制武装集団(アンサール・シャーム)がジスル・シュグール市の絨毯工場を砲撃し、シリア軍兵士16人が死亡した。

また、SANA(3月26日付)によると、シリア軍がイドリブ市周辺で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

アレッポ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(3月26日付)によると、アレッポ市ハナーヌー地区の兵舎をシリア軍が誤ってミサイル攻撃し、兵士9人が死亡、12が負傷した。

なおシリア軍はこのほか、カッラーサ地区、ブスターン・カスル地区、シャッアール地区をミサイル攻撃したという。

一方、SANA(3月26日付)によると、ハーン・トゥーマーン村、バーントゥー村、ハーン・アサル村、タッルアラン市、ハナースィル市で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、シャーム戦線、アンサール・ディーン戦線、シャームの民のヌスラ戦線の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がダルアー市各所を空爆し、子供を含む9人が死亡した。

シリア軍はまたインヒル市、サムリーン村、シャイフ・マスキーン市を「樽爆弾」で空爆した。

一方、ジハード主義武装集団は、ブスラー・シャーム市制圧後、ジャドヤー村一帯への攻撃を強めたが、シリア軍はジャドヤー大隊基地一帯での戦闘で、ジハード主義武装集団戦闘員17人を殺害したという。

また、SANA(3月26日付)によると、ティーハ村、カフル・ナースィジュ村、ウンム・アウサジュ村、インヒル市、ジャイドゥール・ハウラーン地方、アンタル丘、ハーッラ丘で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ハサカ県では、シリア人権監視団によると、ハサカ市で爆弾が仕掛けられた車が爆発し、1人が死亡した。

爆発は、市内をパトロール中の西クルディスタン移行期民政局アサーイシュを狙ったものだという。

**

ダマスカス郊外県では、スーマル・ムハンマドを名乗る活動家によると、シリア軍がダーライヤー市で塩素ガスを使用し、10人が中毒症状を訴えていると主張した。

ARA News(3月26日付)が伝えた。

一方、SANA(3月26日付)によると、シリア軍が反体制武装集団との戦闘の末、ザバダーニー市西部の丘陵地帯3カ所(アッシュ・ヌスール高原、シール・ターカ高地、シール・ジャウバ高地)を制圧した。

**

ヒムス県では、『ハヤート』(3月27日付)によると、ヒムス市南部、クサイル市から約40キロの地点に位置する軍関連施設(クッルナー・シュラカー(3月26日付)によると武器庫)で早朝、ヘリコプターが飛行・旋回する音とともに、複数回にわたって爆発音が聞こえた。

これに関して、シリア政府寄りの複数のサイトは、シリア軍戦闘機が同地区を空爆したとの見方を示す一方、ヒズブッラーに近い複数のサイトは、イスラエル軍戦闘機とシリア軍戦闘機がレバノン領内(ベカーア県ヘルメル郡)を低空で飛行していたと指摘した。

一方、SANA(3月26日付)によると、ガントゥー市、アブー・ハワーディート村、ムシャイリファ村、ハリージャ村、東サラーム村南部丘陵地帯で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

クナイトラ県では、SANA(3月26日付)によると、マスハラ村、ウンム・バーディナ村、バアス周辺で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

AFP, March 26, 2015、AP, March 26, 2015、ARA News, March 26, 2015、Champress, March 26, 2015、al-Durar al-Shamiya, March 26, 2015、al-Hayat, March 27, 2015、Iraqi News, March 26, 2015、Kull-na Shuraka’, March 26, 2015、al-Mada Press, March 26, 2015、Naharnet, March 26, 2015、NNA, March 26, 2015、Reuters, March 26, 2015、SANA, March 26, 2015、SMART News, March 26, 2015、UPI, March 26, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク