ムスリム民主連合党党首「政府とクルド人の間で、治安面でも現地でもいかなる協力は行われていない」(2015年3月25日)

民主連合党のサーリフ・ムスリム共同党首は英国を訪問し、議会で「シリアのクルド:拒否から自治政府モデルへ」と題されたフォーラムのなかで講演を行った。

ムスリム共同党首は講演で、「我々は当初から、シリア政府がすぐには去らないということは分かっていた。我々は、人々に依拠する戦略をとり、クルド人の都市からシリア軍を放逐した」と述べ、2012年にアイン・アラブ市からアフリーン市にいたる対トルコ国境地帯を掌握した経緯を振り返った。

また、アイン・アラブ地区、アフリーン地区、ジャズィーラ地区に設置されている西クルディスタン移行期民政局については「未来のシリアのモデルである。すなわち、この民政局のもとには、すべての集団がいる」としつつ、「一部の国はダーイシュ(イスラーム国)を利用して、国境を改編し、このモデルを挫折させようとしている」と述べ、トルコを暗に批判した。

ダーイシュについては「コバーニー(アイン・アラブ)市で敗北し、セレ・カニ(ラアス・アイン)市で戦いを行うことで、敗北を補おうとしている…。ダーイシュ・メンバーが世界のどこかで1人でも残っていれば、我々は安心できない。我々はダーイシュ・メンバーを見つければどこでも戦うだろう。我々はダーイシュ・メンバー個々人だけではなく、その考え方に対する闘争を行っている」と述べた。

アイン・アラブ市での勝利については「クルド人の大いなる犠牲のおかげ」と述べ、有志連合による空爆や支援については明言しなかった。

また「街の80%は破壊され、数万人が去った。それゆえ、復興を始めねばならない」と強調した。

一方、ムスリム共同党首は、5万の兵力を持つとされる「人民防衛隊は国防隊の一部をなしている」との複数のシリア政府高官らの発言に関してどう思うかとの『ハヤート』(3月27日付)の質問に対して、「政府は、勝利を実現したときなどに、自らをクルド人と結びつけようとしている…。しかし、政府とクルド人の間で、治安面でも現地でもいかなる協力は行われていない」と否定した。

そのうえで「我々はアラブ人とともに行動している。我々はシリア人が政府の拘置所から解放されることを望んでいる。しかし、我々は現在、ダーイシュに対する自衛に集中している」と付言した。

また「南クルディスタン(イラク・クルディスタン地域)の経験を完全にコピーはしない。我々は二つの軍、二つの政治ブロックの存在を揺るさない」と述べ、イラクのクルディスタン民主党(KDP)とクルディスタン愛国同盟(PUK)の関係に触れ、シリア・クルド国民評議会(シリア革命反体制勢力国民連立)を暗に牽制した。

なおムスリム共同党首の他にも、RUSIのミシェル・ステファン氏、LSEのデヴィッド・グラバー氏、ジョジョハンナ・リハ氏が講演した。

AFP, March 26, 2015、AP, March 26, 2015、ARA News, March 26, 2015、Champress, March 26, 2015、al-Hayat, March 27, 2015、Iraqi News, March 26, 2015、Kull-na Shuraka’, March 26, 2015、al-Mada Press, March 26, 2015、Naharnet, March 26, 2015、NNA, March 26, 2015、Reuters, March 26, 2015、SANA, March 26, 2015、UPI, March 26, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク