フランスのル・ドリアン国防大臣はシリアでのダーイシュ(イスラーム国)空爆を自己正当化(2015年9月16日)

フランスのジャン=イヴ・ル・ドリアン国防大臣は、シリアでのダーイシュ(イスラーム国)空爆に関して、フランス国際放送(9月16日付)に対して、ユニークな見解を示し正当化を試みた。

ル・ドリアン国防大臣は、フランスが空爆に踏み切る背景に関して、ダーイシュがこの数ヶ月で、アレッポ県、ヒムス・ダマスカス街道でプレゼンスを強め、そのことがアレッポ一帯のシリアの反体制派を脅かすにいたったと述べた。

ヒムス・ダマスカス街道とは、UNESCO世界文化遺産パルミラ遺跡を擁するヒムス県中部のタドムル市やキリスト教徒が多くすむカルヤタイン市を指すと思われるが、この解釈に従うと、同地でダーイシュに敗北したアサド政権の存在は、アレッポ県で活動する反体制武装集団の勢力拡大に寄与していたことになる。

ル・ドリアン国防大臣はまた、現下のシリア情勢が「去年とは異なる…。ダーイシュはイラクで撃退された後、シリアで攻撃態勢に入った…。これにより、事態はきわめて深刻なものとなった」と述べた。

しかし、イラクでのダーイシュの劣勢が具体的に何を示すのかは明らかではない。

なお、ル・ドルファン外務大臣は、シリア領内での空爆開始時期に関しては、「数週間のうちに開始する」と言明した。

シリアの領空内で空爆を行うことに関して、シリア政府の合意を得ていないとしつつ、「いかなる空爆も危険がつきものだ。我々は我が国の航空機が危険を回避し得るよう充分な措置を講じている」と付言した。

一方、ロシアによるシリア政府への軍事・技術支援強化の動きについて、「彼ら(ロシア)に対して行うべき質問だ…。重要なのは、ロシアが解決策の一部をなしていることであり、問題解決はシリア政府を経由するかたちではなし得ない」と述べた。

『ハヤート』(9月17日付)などが伝えた。

AFP, September 16, 2015、AP, September 16, 2015、ARA News, September 16, 2015、Champress, September 16, 2015、al-Hayat, September 17, 2015、Iraqi News, September 16, 2015、Kull-na Shuraka’, September 16, 2015、al-Mada Press, September 16, 2015、Naharnet, September 16, 2015、NNA, September 16, 2015、Reuters, September 16, 2015、SANA, September 16, 2015、UPI, September 16, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク