シリア外務在外居住者省はアレッポ市に対する反体制武装集団の無差別砲撃に対する厳正な対処を国連に要請(2015年9月16日)

外務在外居住者省は、国連安保理議長および事務総長に宛てて書簡を送り、そのなかで9月15日のアレッポ市に対する反体制武装集団の無差別砲撃を報告、「テロとの戦い」にかかる国連諸決議に従って厳正な対処をとるよう、要請した。

AFP, September 16, 2015、AP, September 16, 2015、ARA News, September 16, 2015、Champress, September 16, 2015、al-Hayat, September 17, 2015、Iraqi News, September 16, 2015、Kull-na Shuraka’, September 16, 2015、al-Mada Press, September 16, 2015、Naharnet, September 16, 2015、NNA, September 16, 2015、Reuters, September 16, 2015、SANA, September 16, 2015、UPI, September 16, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク