ダマスカス郊外県でのイスラーム軍とシャーム解放委員会・ラフマーン軍団の内紛に反対するデモに約5,000人が参加(2017年4月29日)

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、東グータ地方各所で前日に引き続き、イスラーム軍と、シャーム解放委員会、ラフマーン軍団が激しく交戦するなか、サクバー市、ハムーリーヤ市、アルバイン市などで両者の戦闘に反対するデモが実施された。

複数の住民によると、デモには約5,000人が参加し、戦闘が行われているハッザ村方面に向かったが、戦闘地域近くで銃撃を受け、デモ参加者5人が負傷したという。

デモ参加者への発砲は、イスラーム軍によるものだという。

シリア人権監視団によると、過去24時間(28日)の両者の戦闘で両者の戦闘員38人以上が死亡、子供1人を含む民間人2人も巻き添えとなり、死亡しているという。

また、シリア人権監視団はその後(30日)、28、29日の戦闘で民間人と戦闘員合わせて95人以上が死亡したと発表した。

うち戦闘員は87人、イスラーム軍戦闘員は32人にのぼるという。

Kull-na Shuraka’, April 29, 2017

AFP, April 29, 2017、AP, April 29, 2017、ARA News, April 29, 2017、Champress, April 29, 2017、al-Hayat, April 30, 2017、Kull-na Shuraka’, April 29, 2017、al-Mada Press, April 29, 2017、Naharnet, April 29, 2017、NNA, April 29, 2017、Reuters, April 29, 2017、SANA, April 29, 2017、UPI, April 29, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク