ロシア軍はハマー県カフルズィーター市を空爆し、ホワイト・ヘルメット隊員8人を殺害(2017年4月30日)

ハマー県では、ARA News(4月30日付)によると、ロシア軍がカフルズィーター市を空爆し、ホワイト・ヘルメット隊員8人が死亡した。

また、シリア人権監視団によると、ロシア・シリア両軍がカフルズィーター市、ラターミナ町、ラハーヤー村、ラトミーン村などを60回以上にわたり空爆した。

Kull-na Shuraka’, April 30, 2017

**

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がダルアー市を「樽爆弾」で空爆し、6人が死亡した。

一方、クッルナー・シュラカー(4月30日付)によると、ブスル・ハリール市の地元評議会議長アフマド・アウダ・ハリーリー氏と、アムード・ハウラーン師団の幹部3人が乗った車が、東シャルキーヤ村とスーラ町を結ぶ街道で爆弾の爆発に巻き込まれ、4人全員が死亡した。

**

クナイトラ県では、SANA(4月30日付)によると、シャーム解放委員会がハドル村郊外の農地で発砲し、1人が死亡した。

AFP, April 30, 2017、AP, April 30, 2017、ARA News, April 30, 2017、Champress, April 30, 2017、al-Hayat, May 1, 2017、Kull-na Shuraka’, April 30, 2017、al-Mada Press, April 30, 2017、Naharnet, April 30, 2017、NNA, April 30, 2017、Reuters, April 30, 2017、SANA, April 30, 2017、UPI, April 30, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク