シリア政府はロジャヴァにアラブ人居住地域からの撤退を条件に自治を認めると提案、PYDはこれを拒否(2017年10月30日)

アナトリア通信(10月30日付)は、アリー・マムルーク国民安全保障会議議長がハサカ県カーミシュリー市で民主統一党(PYD)の幹部らと会談し、西クルディスタン移行期民政局の自治をめぐって協議したと伝えた。

この会談でマムルーク国民安全保障会議議長はPYD側に、アラブ人が多く住む地域から撤退することを条件に自治を認めることを提案したが、PYD側はこれを拒否したという。

AFP, October 30, 2017、Anadolu Ajansı, October 30, 2017、ANHA, October 30, 2017、AP, October 30, 2017、ARA News, October 30, 2017、Champress, October 30, 2017、al-Durar al-Shamiya, October 30 2017、al-Hayat, October 31, 2017、al-Mada Press, October 30, 2017、Naharnet, October 30, 2017、NNA, October 30, 2017、Reuters, October 30, 2017、SANA, October 30, 2017、UPI, October 30, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き パーマリンク