フォード前駐シリア米大使「米国はクルド地域支援という希望を棄てる一方、政権に対する復興支援も排除しなければならない…。アサド退陣の希望は潰えた」(2017年10月30日)

ロバート・フォード前駐シリア米大使は、『フォーリン・アフェアーズ』(10月30日付)のインタビューに応じ、そのなかで米国のシリア政策に関して、「米国にはシリアで良い選択肢はない。その一部はもう一つの選択肢(シリアからの撤退)よりも悪い」と述べた。

フォード氏は「つまり、米政府はクルド地域を支援するという希望を棄てる一方、政権に対する復興支援という選択肢も排除しなければならない…。米政府は、難民への人道支援と受け入れ国の負担軽減を行うだけで充分だ…。アサドを権力の座から排除し、平和的に権力を移譲するという希望は潰えた…。なぜならシリア軍は全土制圧を決意しているからだ」と述べた。

al-Durar al-Shamiya, October 30, 2017

AFP, October 30, 2017、ANHA, October 30, 2017、AP, October 30, 2017、ARA News, October 30, 2017、Champress, October 30, 2017、al-Durar al-Shamiya, October 30 2017、al-Hayat, October 31, 2017、al-Mada Press, October 30, 2017、Naharnet, October 30, 2017、NNA, October 30, 2017、Reuters, October 30, 2017、SANA, October 30, 2017、UPI, October 30, 2017などをもとに作成。

 

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク