シャーム解放機構などからなる反体制武装集団がイドリブ県フーア市、カファルヤー町を攻撃(2018年6月11日)

イドリブ県では、SANA(6月11日付)によると、シャーム解放機構などからなる反体制武装集団が包囲を続けるフーア市、カファルヤー町が攻撃を受け、2人が負傷した。

**

ハマー県では、ドゥラル・シャーミーヤ(6月11日付)によると、アブー・アマーラ特殊任務中隊がスカイラビーヤ市とカルアト・マディーク町を結ぶ街道に爆弾を仕掛け、シリア軍の車輌1台を破壊し、兵士複数人を殺傷したことを明らかにした。

**

ダマスカス郊外県では、ディマシュク・アーン(6月11日付)によると、クタイファ市郊外のシリア軍拠点にある武器庫が爆発した。

爆発は気温上昇によるものと思われる。

AFP, June 11, 2018、ANHA, June 11, 2018、AP, June 11, 2018、Dimashq al-An, June 11, 2018、al-Durar al-Shamiya, June 11, 2018、al-Hayat, June 12, 2018、Reuters, June 11, 2018、SANA, June 11, 2018、UPI, June 11, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク