ダルアー県ダーイル町で住民の釈放を求める抗議デモ:参加者は「アッラー、シリア、自由のみ」などと連呼(2019年3月18日)

ダルアー県では、ドゥラル・シャーミーヤ(3月18日付)によると、18日早朝、ダーイル町の空軍情報部で、拘束されている住民の釈放を求めるデモが行われた。

デモ参加者は「アッラー、シリア、自由のみ」といったシュプレヒコールを連呼し、住民釈放と「イランの部隊」の退去などを求めた。

ダーイル町では、10日にもハーフィズ・アサド前大統領の像の撤去を求める反体制デモが行われていた。

AFP, March 18, 2019、ANHA, March 18, 2019、AP, March 18, 2019、al-Durar al-Shamiya, March 18, 2019、al-Hayat, March 19, 2019、Reuters, March 18, 2019、SANA, March 18, 2019、UPI, March 18, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク