月別アーカイブ: 2017年10月

レバノンのハリーリー首相、「化学兵器を使用したアサド政権」支配下のシリア駐在大使を新たに任命(2017年10月29日)

レバノンのサアド・ハリーリー首相は、サアド・ザヒーヤー氏(外務省事務財務局長)を在シリア・レバノン大使に新たに任命し、シリア政府にその旨通知した。 在シリア大使は、ミシェル・フーリー氏が務めていた。 この人事に関して、ア … 続きを読む

カテゴリー: レバノンの動き | コメントする

アスタナ7会議には、停戦を拒否してきたアル=カーイダ系のシャーム自由人イスラーム運動を含む反体制武装集団の代表団が参加(2017年10月29日)

シリア政府と反体制武装集団の協議「アスタナ7会議」が10月30、31日に開催されるのを前に、ファーティフ・ハッスーン大佐を団長とする反体制武装集団の代表団がカザフスタンの首都アスタナに到着した。 『ハヤート』(10月30 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする

YPG主導のシリア民主軍はダイル・ザウル県でダーイシュと交戦、アレッポ県でトルコ軍とその「傭兵」と交戦(2017年10月29日)

アレッポ県では、ANHA(10月29日付)によると、県東部のコバネ(アイン・アラブ市)近郊のズール・マガール村などに対してトルコ軍とその支援を受ける「傭兵」が砲撃を加えた。 一方、ドゥラル・シャーミーヤ(10月29日付) … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア軍はシャーム解放機構とダーイシュが交戦するハマー県北東部でシャーム解放機構から3カ村を奪還(2017年10月29日)

ハマー県では、『ハヤート』(10月30日付)によると、シリア軍は県北東部のハムラー村、サアン町からイドリブ県アブー・ダーリー村にいたるシャーム解放機構支配地域(シャーム解放機構とダーイシュ(イスラーム国)が混戦する地域) … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア軍はダイル・ザウル市内のウルフィー地区、労働者住宅地区をダーイシュから解放(2017年10月29日)

ダイル・ザウル県では、SANA(10月29日付)によると、シリア軍が予備部隊とともに、ダイル・ザウル市内東部でダーイシュ(イスラーム国)に対する掃討作戦を継続し、ダーイシュによって占拠されていたウルフィー地区、労働者住宅 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア外務省「ラッカ市解放の報は有志連合が犯した罪への国際世論の耳目を反らすためのウソ、シリア軍が進軍するまで解放されたとはみなされない」(2017年10月29日)

シリアの外務在外居住者省高官筋は、SANA(10月29日付)に対して、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍が米主導の有志連合の支援を受けて、ダーイシュ(イスラーム国)の中心都市 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは7件の停戦違反を、トルコ側は1件の違反を確認(2017年10月29日)

ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(10月29日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を7件(アレッポ県5件、ハマー県1件、ヒムス県1件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも1件(ダマスカス県・ダ … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

米主導の有志連合は10月27日、ダイル・ザウル市に対して1回の爆撃を実施(2017年10月28日)

米中央軍(CENTCOM)は、10月27日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して8回の空爆を実施、このうちシリア領 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

アレッポ市西部でシャーム軍団とシリア軍が交戦(2017年10月28日)

アレッポ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(10月29日付)によると、シャーム軍団がアレッポ市西部郊外のラーシディーン地区でシリア軍と交戦した。 AFP, October 29, 2017、ANHA, October 29, … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ラッカ県とダイル・ザウル県から敗走するダーイシュ戦闘員に続いて、その家族がシャーム解放機構の拠点都市イドリブ市に避難(2017年10月28日)

シリア人権監視団は、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍、シリア軍が攻勢を続けるラッカ県(ラッカ市)とダイル・ザウル県からダーイシュ(イスラーム国)・メンバーの家族多数が、ダー … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

シリア軍はシャーム解放機構とダーイシュが混戦するハマー県東部でシャーム解放機構と交戦(2017年10月28日)

ハマー県では、スマート・ニュース(10月28日付)によると、シャーム解放機構とダーイシュ(イスラーム国)の混戦が続く県東部で、シリア軍がシャーム解放機構がジュッブ・アブヤド村一帯で交戦した。 AFP, October 2 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア軍はダイル・ザウル市内のダーイシュ支配地域を激しく攻撃(2017年10月28日)

ダイル・ザウル県では、スマート・ニュース(10月28日付)によると、シリア軍と親政権武装勢力が、ダイル・ザウル市ハミーディーヤ地区、労働者住宅地区、ハウィーカ地区、ジュバイラ地区、ラシュディーヤ地区のダーイシュ(イスラー … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

モスクワ・プラットフォーム代表のジャミール前副首相「シリアが連邦制を採用すれば、統合を維持できない」(2017年10月28日)

ロシアで活動する人民意思党党首で「モスクワ・プラットフォーム」(モスクワ・リスト)の代表を務めるカドリー・ジャミール前副首相は、ルダウ・チャンネル(10月27日付)のインタビューに応じ、そのなかで、シリアが連邦制を採用す … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

トルコ軍はアレッポ県北西部の国境地帯でオリーブの木、バラの樹木120本を伐採(2017年10月28日)

アレッポ県では、ANHA(10月28日付)によると、トルコ軍が西クルディスタン移行期民政局の拠点都市アフリーン市近郊のシンゲレ(Şingêlê)村の国境地帯でオリーブの樹木70本、バラの樹木50本を伐採した。 AFP, … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは6件の停戦違反を、トルコ側は2件の違反を確認(2017年10月28日)

ロシア国防省は声明を出し、過去24時間(10月28日)で、「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を6件(アレッポ県4件、ダマスカス県・ダマスカス郊外県2件)確認したと発表した。 またトルコ側の監視チームも2件(イドリブ … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ダルアー県のパレスチナ難民、ゴラン高原避難者が反体制派支配地域の住民と分け隔てのない支援を求めてデモ(2017年10月27日)

ダルアー県では、クッルナー・シュラカー(10月28日付)によると、ダルアー・パレスチナ難民キャンプに身を寄せるパレスチナ人やゴラン高原出身者がデモを行い、キャンプ住民とダルアー県内の反体制派支配地域に分け隔てのない人道支 … 続きを読む

カテゴリー: その他, 反体制勢力の動き | コメントする

米英は国連とOPCWの合同調査機構報告書発表を受け、国連第7章に基づく新たな安保理決議採択をめざす(2017年10月27日)

マシュー・ライクロフト英国連大使は、国連および化学兵器禁止機関(OPCW)の合同査察機構(Joint Investigation Mechanism、JIM)が10月26日に国連安保理に発表した報告書に関して、「我々は安 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ロシア、中国は国連とOPCWの合同調査機構報告書を「偏っている」「客観性、正義、プロフェッショナリズムを欠いていると非難(2017年10月27日)

ロシアのセルゲイ・リャブコフ外務副大臣は、国連および化学兵器禁止機関(OPCW)の合同査察機構(Joint Investigation Mechanism、JIM)が10月26日に国連安保理に発表した報告書に関して、「偏 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

シリア外務省はハーン・シャイフーン市の化学兵器使用疑惑事件へのシリア軍の関与を断定した国連・化学兵器禁止機関合同調査機構の報告書の「内容と形式の一切」を拒否(2017年10月27日)

SANA(10月27日付)によると、シリアの外務在外居住者省消息筋は、国連および化学兵器禁止機関(OPCW)の合同査察機構(Joint Investigation Mechanism、JIM)が10月26日に国連安保理に … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

国連とOPCWの合同調査機構(JIM)は報告書で4月のハーン・シャイフーン市でシリア軍が化学兵器(サリン・ガス)を使用したと断定(2017年10月27日)

国連および化学兵器禁止機関(OPCW)の合同査察機構(Joint Investigation Mechanism、JIM)が国連に提出していたシリア国内での化学兵器使用に関する報告書が公開され、「シリア・アラブ共和国は、 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする